ドキュメント「北の配達員」2017 vol.28

March 12, 2017

_0020331.jpg

えー、一応関係者各位(笑)に業務連絡。

ロボ宙 in the house!

豚ガツなめからのロボさんと秘境プリンの旦那さん。

_0020344.jpg


_0020347.jpg


_0020349.jpg


車内二人で黙祷。





posted by Admin at 16:25 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.27

March 08, 2017

_0020319.jpg

<ばかぽえむ>

とうふのカドにあたまをぶつけようとしないで
さ、たべてごらん。

あったまり。
posted by Admin at 17:53 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.26

March 01, 2017

IMG_5131.jpg

あれさ、前回かいたススキノ駅のやきとり屋ね。あれ串鳥じゃないからね(笑)

のっけからなにを言い出すんだと思うかもしれないけど、あれを書いた後、頭の中でこんな声が聞こえてきて。

兄ちゃん、まさか串鳥今までしらなかったのかな?(義弟の声で)

知ってる!つの。

そこはなんとも釘を刺したく候。

ところでこのナイチョロ亀井画伯の絵ですよね。俺、本気で買うか迷った一晩であっと言うまに売れちゃった。その手に渡った先が、実はなんとも某氏(かわなべくん)だったという(笑)ま、でも、どちらの手に渡っても確かに正解は正解だ(笑)

これがプリントされたTシャツという、それも書かれているのがデタラメ淡彩画だからな。あの妙な色使いとかよく再現できたよな、もう、どんだけ〜!(トリプルルッツ)

まーそれにしても、ナイチョロさ〜、あれはもう10年、もっと前かな?おでんの大根がもうミンチになっちゃうくらい箸を入れながらこう俺にこう言ったよね。

「Kちゃん、俺さ立派な筆使いのできる男になりたいんだよ、もちあっちの筆も。きししし」(言ってない)

いや〜まさかここまで本気とは思ってなかった、あの時は正直。

禅の言葉で空からおちてくる雪のひとひらさえ、その落ちる場所は完璧に決まっているという意味のものがあるんだけど。

つまり何が言いたいのかと言うと、俺がこの牛の絵を23年前に書いた時点で、ナイチョロ亀井画伯に書かれることは決まっていたってことなんだよ。妙な気持ちになるよね。誰も想像してなかったよね。ちょっと映画っぽくない?まさに「ロマンティック伝説」(今でもデビュー前、かわなべくんにこんど出るやつなんて言うの?って聞いた時に、「ロマンティック伝説」って答えが返ってきた時の衝撃が忘れられない(笑))

ま、それはそうと、ここでいきなり今話題の(笑)平行宇宙という考えに基づけば。

平行宇宙って考え方があるんだよね。過去も未来も今この瞬間に全部あるっていう考え方。パソコンで作業している人は知ってると思うけどレイヤーってあるじゃん?たとえば10枚重ねているとして、作業しやすいように1枚だけ可視にしてあるとする。それが今この瞬間。たとえばひとつ前のレイヤーは1秒前、後ろは1秒後。時間はあくまでもみせかけで、俺たちはレイヤーを移動しているだけ。だけど、1秒前も1秒後もその不可視にしているレイヤーも今存在しているわけでしょ?それが今全部あるという意味。だから気楽に行こうぜ。今が延々あるだけで人生なんて存在してないんだ。そしてのみならず、そのレイヤーのセットが無限にある。パターンの違う。たとえば、俺が結局この絵を完成することができず石狩川で身を投げた時に漁師の亀井に救われたパターンだとか。

それがこの宇宙だ!つの。

たぶん俺はそういうことだと信じてるよ。そこでまたこの宇宙の大原則をここでひとつ。信じていることがその人にとっての真理になるわけ。だから俺と君の真理は違う。ということはさ、平行宇宙を信じている俺にとっては、フラれて泣きながら書いている俺は今ここに居るんだよ。
で、今存在しているからには何かしら伝わると思うんだ。たとえば、虫の知らせなんて、完全に時間の概念を越えた自分同士のコミュニケーションだと思うんだよね。だからね、言ってあげたいね。泣きながら書いている俺自身に。

今、おまえが書いているその絵はTシャツになって、後に23年後、なんと画家になったナイチョロ亀井がそのTシャツを描いて、それをあの某氏(かわなべくん)が買うから〜。

全然説明しずれ〜!つの。









posted by Admin at 20:02 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.25

February 27, 2017

_0020316.jpg

おなじみの橋の上から。

完全に今朝の冷え込みは不意打ちだったのだけれど、たぶんここまで冷えることはもうないね。

出ました!俺の根拠のない冬の終わり宣言!

一昨日、久々に札幌に行ったんだけれど、すごいですね、雪の振り方が。こっちと全然違うよ。こっちはあんなにぼたぼたぼたって、怖い振りかたはしない。あれがひと月も続いたら気も滅入るかも。
実家の母親も若干おかしくなってたもん。「もうひと月お日様見てない」たぶん完全な思い違い、ボタ雪ノイローゼ(笑)

それにしても、人の多いところが久々なのと、元から田舎者だったのが、この10年で輪をかけて田舎者になってるからさ、すっげ〜な!都会!その一言だよね。

なんだかあれだけ複雑に様々なものが、様々なまま、秩序を保って、さもそれが普通なように、ほころびなくキチンと廻っているってところに、まず感動してしまう。

たとえば地下鉄は分刻みで運行があたりまえだけれど、そのためにはかなりメンテナンスと管理がなされていて、どれひとつ欠けてもダメなわけじゃん?

あたりまえ?本当にあたりまえ?

俺は本当にすごいことだと思うよ。この現代社会の完成度というのは。うんこだってさ(ぼくのばあいすべてうんこでかんがえるとわかりやすいんです)出した瞬間にボタンひとつで何もなかったようにどっかに行っちゃうわけでしょ?

えっ?してないです。わたし、うんこなんかしてないです。そう言い張れるぐらい証拠が残らないから。音だってボタンを押せば変な水の流れる音が出るしさ(笑)

でも実際、どういう経路でどう流れてどこに行くのか?きちんと具体的に説明できる人なんてどれだけ居る?

たとえば、その管がどこかで破れてたらうんこがどんどん出てきちゃうわけじゃん?

そんなの見た事ある?ないでしょ?キチンと下水の仕事に携わっている人が長年面倒みているわけでさ。水にして考えても、水源も近くにないのに蛇口捻ればじゃーじゃーと出てくる。自分で真剣に黒板五郎バリに川から水を引いてくることを考えると、街の中どこでもそつなく水が出るなんてすごいことだと思うんだよね。信号しかり、ATMしかり、たこやき屋しかり、パルコ(笑)しかり、表面に見えるその下にどれだけ膨大な仕事がキチンとなされているか?

都会ってそんな複雑で多様な、技術や経験、人の努力というか、言葉知らないから上手く書けないけど、いわゆる文明の営みと言いましょうか、それが全部そつなく完璧に機能しているわけ。そこに感動してしまうわけなんですよ。出来てないところがないわけ。すげー!

完璧に機能しているから、どこかしらで音楽が鳴っていたり、酔っぱらいのおじさんが電車で寝ていたり、ゲス不倫がどうこうとかクソどうでもいいことをテレビで大の大人がしたり顔でしゃべってる。これ、全て上手くいってるからこその余裕なんですよ。

だけど、俺はこんなに完璧にいつまでも廻って行くってありえるのかな?ってちょっと思っちゃうんだよね。
怖さも感じるわけです。3.11の時がそうだったけれど、ひとつ歯車が狂うと簡単に音楽どころの話じゃなくなるわけでしょ?逆にそんなときだからこその音楽とも言えるんだけどさ。でも個人的にはあの期間まったく音楽を聴けなかった。全然耳に入らない。社会が社会として機能していない時に、暢気に酔っぱらいなんて寝てられないと思うんだよね。つまり俺「普通」ってちょっとした奇跡の連続だと思うんです。

だからね〜、やきとり食って、酒呑んで、べろんべろんになって、寄り目になりながらライブを見て、帰りにラーメン食べながら、「一曲目なんだっけ?」「ごめん、さっきも聴いたかもしれないけれど一曲目なんだっけ?」「もうこれで最後、一曲目なんだっけ?」何故かどうしても一曲目が憶えられなくて(笑)カウンターで首を傾げているこの俺。隣のサラリーマンは1本のビールを最後ダメ押しで3人で分けて呑んでる。確かギャング風の若者。入りきれなくて外で並んでいる人。つまりあの景色は実は奇跡だったんだよ。ほぼ天国。いわゆる例の天使達のシーン。そしてそれはもちろん今も。

俺に何回も一曲目を聞かれる相手にとっては完全に地獄なんだけど(笑)

ま、それはいいとして。話が重くなったかな?

今回の収穫はすっげーいいやきとり屋を見つけたことだな。知りたい?おしえな〜い(馬鹿か)ヒント:ススキノ駅(うるさいよ)またそこでみた景色も天使達のシーンだったよ(笑)
カウンターがうちら以外全員女性のサシノミ組。ビックリ!仕事のことなんかを大声で話ながらガンガンビールをあおってるわけ。男?男も居るんだけど、連中は集団で数グループがテーブル席に陣取り、その全員が一切しゃべらないでちまちまスマホいじくってた。何?コレ(笑)コレ普通なの? 俺が目を離したすきに今の世の中こんな感じ?

どうもこうもならんもな。

完全に逆だべさ?ま、いいんだけど、こりゃ近いうちに女がふんどしで男がパンストだな。

大歓迎。むしろ。



posted by Admin at 18:10 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.24

February 24, 2017

_0020303.jpg

連投になるけどこのワン子本当に最高でしょ?
わらの感じも(笑)

友達だもんね〜!
posted by Admin at 19:18 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.23

February 23, 2017

_0020291.jpg

_0020300.jpg

今期の配達での収穫と言ったらこいつとお友達になれたことかな?

三年越しですよ。

とにかく吠えられた。
なんか俺の車が嫌いなのかまたは怖いのか、家に近づく前から吠えてるんだわ。
あれ?今日はおとなしかったな、なんて背中を向けた瞬間に、
わんわん吠え出すから、こっちもびっくりするんだよね。怖かった。最初は。
でも、こいつすごくかわいいじゃん?写真写りいいけどほんとうはもっと不細工でさ。
俺ずっとさわりたかったの。二年間(笑)
飼い主の人とも話をしたことあるんだけどね。
なんでも吠えるのは俺に対してだけみたいで。

いや〜、全然なついてくれないんですよね〜

なんも、子供と一緒だ。なんか餌やれば一発だ。

そ、そうなんすか?(笑)

「子供と犬は一緒」説に俺はちょっと賛同できかねたのもあるし、
そういうのはなんかずるい気がして、道具はなしで、
自身の出すお友達オーラと満面の笑顔を使ってコツコツとやることにした。

とにかく近づくと逃げるし、離れると吠え出すし、つまり臆病なんだよね。
これはあせらずにいこうと。
毎日、毎日、お友達オーラを全身から発散させながら、とにかく笑顔で。
この時の笑顔の練習が後にどれほど自分の役にたったか。ウソ。
ま、とにかく、ちょっとずつ間を詰めて、ちょっとずつ臭いを嗅がせてさ。
そしてかなり近くまで近寄ってくるようになったんだよ。
どころか、毎日、あれだけ吠えていたのに、吠えないで、
俺の顔見てちょっとしっぽを振り出したんだよ!

とっつあん、そこを見逃さなかった。今日だ!決行だ!
ふわっと手を下から伸ばしてあごのあたりをタッチ!逃げる!
だけど、また近寄ってくる。タッチ!逃げる!タッチ!逃げる!
そしてじょじょにこいつと俺のこころの壁は。

というわけ。

今はね、俺の車の音が聞こえるとしっぽ振ってまってるよ。
今日もね、おい写真撮っていいかい?
犬にもね一応著作権ってものがあるんだろ?犬(けん)だけに。つて、
聞いたら、いいにゃん。ブログに載りたいにゃん!って言うからさ、
そっか、そっか、つてね。

もう大体のところは触らせてくれるんだよ。すげーの!毛。たわし。まるで。
こいつの真逆。

_0020289.jpg

いまや、すっかり元気なクロちゃん。(ぼくはねことふとんのくみあわせがだいすきです)

ま、こうして、そうそう、犬とお友達になったよってお話なんだけど、
えーと、オチがないな(笑)

オチとかなくてもいいじゃん。素人なんだから。


posted by Admin at 18:21 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.22

February 19, 2017

_0020229.jpg

いやーいきなりの話でアレなんだけど、
今朝ムラが驚くべき仮説を言い出して、それに対して俺も
んだ!んだなや!絶対にそうに違いない!そう思ったわけさ。
で、どういう話かと言うと。

動物って毛が伸びないじゃん?

どういうことかと言うと、猫とかって床屋にいかないじゃん?
ってあたりまえだけど(笑)
あれさ、ある一定の長さのところで伸びるのが止まるわけでしょ?
あんた、アホでないの?家のサリーちゃんは毛が伸び放題になりますよ。
と、おっしゃるあなた。正解。
そういう動物も居ます。ところがそれはみんな品種改良されている動物なんだって。
そこでピンとくるでしょ?我々の髪の毛、元首相の村山さんの眉毛、これが何を意味するのか?

そうです。我々は自然に進化したものではなく、品種改良された種なのです。

ずさーん!やはりそうだったのか!

猿とホモサピエンスの間に存在する科学でまだ分かっていない空白域。
やはりそうだったのか?では一体何者の存在によって?

今年こそは何かUFOが見られそうな気がするな。

などと山奥で夢想する冬の午後。

ツッコミどころ満載なのでこれでしつれいします。







posted by Admin at 16:35 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.21

February 16, 2017

_0020224.jpg

立春が過ぎたといっても当地朝はまだまだこんな感じ。
あ〜春でありますなぁ。。。と感じるまではあと一ヶ月といったところか。

それにしてもさ、トランプになったあたりからやたら世の中騒がしいよねぇ。ミサイルは飛んでくるわ、暗殺はされるわで。
あと、特に頭にくるのが、豊洲の騒動や天下りの問題だとかさ。それにしても役人ってのは、鬼汚ねぇ連中だよな。だってさ、水というより、まるで空気のように無駄使いしてるのは、全部俺やあなたの税金だよ。ま、俺はたいした払ってないけどさ(笑)
あと、頼んでないのに年金で勝手に株を買ったりさ。やめてくれっつーの!人の金で株価という自分達の通信簿の成績を盛るのは!他の国だったらデモがバンバン起きてますよ。でもたぶん彼らは暇だからできるんだね(笑)日本人は忙しいもん。とはいえ、天下りの問題にしても、頭来てる人なんて沢山いると思うんだ。何も起きてないからって当然納得してるわけじゃない。
俺、正直書くと、デモで世の中変わるわけないと思ってる。だけど、ちょっとした抑止力にはなると思うわけ。だから総会屋ならぬ騒動屋つーのを作って、たとえば資金はクラウドファンディングで集めてさ、ことあるごとにデモを起こしてもらうつーのがいいんでないの?すごく頻繁にデモがあちこちで起こるわけ。
そうすると、今まで全く国民のことなんて眼中になかった連中も、鬼汚ねぇことするときに、ちょっと頭によぎるつーかさ。「あぁ、これバレたらまた玄関に牛のフン撒かれちゃうのかな? めんどくせー、今回は止めておくか」みたいな。

なわけないか(笑)そんな面の皮の薄い連中じゃないもんな。

ま、とにかく今年はすごい幕開けになってますよね。とにかくいちいちうるさい国民になりましょう!

おわります。

posted by Admin at 18:34 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.20

February 09, 2017

_0020280.jpg

全国で14人のクロのことを心配してくれた方々。

クロはしにまっしぇ〜ん!!

いや〜ほんと体調がここまで戻ってきてよかった!
クロは俺にとって偉大なる禅マスターだからな。
のみならず、いつくしみ、おもいやり、やさしさ、じひ、
そして、くちがくさいといくらすきでもげんかいがあること。

これは全部クロが俺に教えてくれたことだよ!

これからも長生きしてね。

posted by Admin at 16:47 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.19

February 08, 2017

_0020238.jpg


<ばかぽえむ>

つまようじを先をじっと見ていたら、
なんだか背中がくすぐったくなってきたよ。

キャットフードをじっと見ていたら、
なんだかひとつつまみたくなってきたよ。

ひらひらとおちる雪を見ていたら、
ベロを出してなめてみたくなったよ。

薪の火をじっと見ていたら、
胸のまんなかにおおきな穴が開いたようだったよ。

将来はユーチューバーになりたいです!





posted by Admin at 16:36 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.18

February 04, 2017

_0020276.jpg

カメイ画伯の「ロマンティック伝説」本気で買おうか考えてたんだけど、
というのは、それが一番おもしろい気がしてさ。おもしろくない?そのオチ。
そうしたら、迷った一晩で売れちゃったね。流石画伯先輩っス。

あれさ、ちょうどフラれた直後に書いたものだから、
個人的にもかなり思い入れがありまして。
酒をガンガンと寄り目になるくらいに呑みながら書いたから、
これでいいのかな?って感じで、書いたはいいもののかなり自信がなかったんだけど、
川辺くんから「ありがとう」って電話もらった時はホッとしたもな。
感情が昇華してあの絵に全部入り込んだんだと思うよ(笑)

に、しても、クロがさ〜ものすごく調子が悪くて、
この夏一緒に畑の作業をするのは難しいかもな。
おまえ、全然出来てなかったけどな(笑)

クロにはほんと俺しか居ないの、自意識過剰じゃなくて。
ムラよりクロの方がたぶん俺のこといつも見てると思うもん(笑)
だから最後の最後までやさしくしてあげたいと思ってますよ。

posted by Admin at 15:10 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.17

February 02, 2017

_0020233.jpg

<ばかぽえむ>

チリが積もってもけして山にはならない。
山はやはり隆起してできたものなんだよなぁ。

かあさん。

posted by Admin at 15:51 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.16

February 01, 2017

_0020227.jpg

<ばかぽえむ>

ねぇ、さんまといわしって、どうしてあんなに味がちがうの?

おっかぁ。
posted by Admin at 16:14 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.15

January 30, 2017

_0020252.jpg

見よ!このブサ顔を!

ギンちゃんはこのアングルが最もブサイクでかわいいにゃ〜!

あとはアレだな。手をぺろぺろしている時。

目なんてとろ〜んとしながら一心不乱にやるでしょ。頭からっぽって感じで。
もっとも猫なんて元からからっぽだけどさ(笑)
って書くと、猫を馬鹿にしているみたいだけど、違うよ馬鹿!そこがいいんだよ。
そこがもっともうらやましいところなんですよ。
人の頭の中のほぼ全部が必要のない妄想だからな。猫のほうがよほど進んでるよ。

でも最近、俺、気づいたの。人にもそういう状態があるじゃん!って。
目をとろーんとしながら頭からっぽで一心不乱にやるものが。

佐波くん、セックスじゃないよ。

あのさ、鼻くそほじってるときって割にそういうこと多いよね。

鼻くそほじってる時って、大体何も考えてないか、逆に言うと考えられないんだよ!
ちょっと試してみてくださいよ。
鼻に指を入れながらちょっと小難しいこと考えてみて。

不思議と、いや、絶対に出来ないから(笑)

考えれば考えるほど指が自然と出てきちゃう。
これは脳の仕組みと関係あると思うんだ。
脳のある部位とある部位を同時に働かすことはできないというね。
つまりね、眉間にシワを寄せながら鼻くそはほじれないんだよ。
これはイグノーベル賞レベルの大発見だと自分で思うんだけど(笑)

さらにさ、じゃ鼻の穴って何なの?ってそこに疑問が起こるわけじゃん(なんで?)
いやいや、酸素なんて口からも吸えるわけだしさ。
そうなると、また大胆な仮説として、
もしかして神様はリラクゼーション器官として二つ開けたものかもしれないよね。
リラクセーションどころか鼻ほじりには瞑想効果あるよ絶対に。

ということは、我々は鼻の穴の使い方間違えてるんだな。神様がっかり。

吸うから詰まるんじゃなくて、元々詰まらすためにあるんだ。
だから坊主も座禅なんかするよりも、
鼻くそめっさ溜める方が悟りに近づくといわけ(笑)さっそく俺も溜めます。

と、ま、今回はギンちゃんから悟りへの旅でございました。

毎度アホですいません。これも冬のせいです。


posted by Admin at 16:11 | General

ドキュメント「北の配達員」2017 vol.14

January 25, 2017

_0020221.jpg

じょせつきとわたし       さかがわみほ

わたしはじょせつが大好きです。
せいかくにはじょせつきを使ったじょせつが好きです。
お父さんはいつもふきげんな顔でじょせつをするので、
わたしにやらせてと言ったら、みほには早いと言われました。
だけど、どうしてもやりたかったので、もっとおねがいしたら、
げんかんのまえだけやってもいいよと言われました。

やった!

いざやってみると、おもったより力がいるなと感じましたが、
どんどんうまくなっていくのがうれしかったです。
いまではおとうさんよりもきれいにできます。
いかにガソリンを使わないで終わるかがうでのみせどころです。
いまではスマホをタップしながらできるくらいです。
もちろんたとえばのおはなしです。だってわたしはスマホを買ってもらってません。
どうやらスマホは頭がわるくなるみたいです。
あと、ここに住みはじめたとき、
お父さんはじょせつのことなんて考えていなかったらしく、さいしょの冬は

「我々はこの距離を雪が降る度に除雪しなければならないのか」

とあおざめたそうです。あれからもう十年です。

じょせつが終わると、かみの毛がはいきガスくさくなるので、
わたしが近よると、おとうさんはケホケホとウソのせきをします。
けっさくです。





posted by Admin at 16:30 | General