東京バビロン登頂記23 ついに頂へ(クソ長編)

December 09, 2023

525EDD89-7059-4686-B1C7-19D8F23D3AE1.jpeg



ロボさんの淹れてくれるコーヒーは美味い。気がする。

そしてミットくんの淹れてくれるコーヒーも美味い。気がする。しかしミットくんのコーヒーの方はやや確実性もって美味い!気がする。いや、全くもって美味いと言い切れるのだが、それはミットくんのキャラ込みで美味く感じてるだけなのか、自分にもわからない。けど、繰り返すがミットくんのコーヒーは美味い。そして飲むといつもどっつり汗をかく。

今日はミットくんのコーヒーもOMIYAGEに出店。そして今朝はロボさんの淹れたコーヒーでサンドイッチ。昨晩のペヤングカラミティの余韻が心地よく。

このサンドイッチ美味いよ。

そうそう、ロボさん、指から出るタバコの角度に特徴があるんだよな。そこを凝視していると、そう言って紙袋を出してきた。さりげなく。多分昨日のうちに買ってくれていたのだろう。ありがたやありがたや。

夢のような夜を経て、また今日もお祭りです。

二日目は手慣れたもんでヌルッと始まった。マイメン、シャシャミンがヌルッと登場。シャシャってさ、久しぶりに会ってもなんかこう全然久しぶり感ないのな(笑)俺たちは人生のある時期、それは空洞のような。お互いの傷を舐め合いながら、バビロンの片隅でそばをすすっていた。

Gさん(俺)やっぱ深大寺のそばはうめぇよ、きししし。そう言う歯の間にはいつもネギが。

そんなマイメンびっくりするくらいキチンと制作した掛け軸を持参。

シャシャ、おまえさんやっぱり成長したな。。。

二十年前はただやたら噛み付くだけの便所コオロギのような二人だったが、傷つけて傷つけてあって、軋むベッド上で優しさもちより、きつく躰 抱きしめあえば、それからまた二人は目を閉じるよ。

I LOVE YOU

タケイグッドマンも登場。ほんとヨシがフリマやったらこんな感じでこんな登場の仕方なのではないか?って頭の中で予想した通りでさ。いきなり車からフラフープが出てきて(笑)ヨシは人生の楽しみ方を熟知している。いつだってその瞬間をまるごと楽しめる才能。俺の知る限り無二。いつだって羨ましい。

そしてミットくんが現れた。俺が思うに、こちらのミットくんは、「天使指数」が俺が今まで出会った人物の中では最強。黒い部分が見当たらない。次点でムラって感じかな。ムラといえどもミットくんに比べたら黒いとこあるもの。今日はその天使メイドのコーヒーが飲める!

さっそく、ちんこいカップでみんなにコーヒー配ってる。ミットくん、これいくら?お金払うよ。

これ?サービス!焙煎に納得いかなかったから今日売らない、ニコニコ。みんなにちょっと試飲してもらうためだけにちょっとだけ持ってきただけ、ニコニコ。

コーヒーないの〜?マジかよ〜。その代わりにハス茶売る、ニコニコ。

何?その地味な飲み物(笑)俺、実はミットくんのコーヒーが飲めないことに結構食らってた。残念。にもかかわらず、ミットくん、やたら嬉しそうな顔で、Kちゃん、ここに「ハス茶 10円」って書いて、だと。

10円!!

それはないわ〜。って何回か言ったんだけど、そこは頑なに譲らなかったもんね。さすが、天使かつ生き仏。つか、逆にさ、ミットくん、よほど前世で悪行を尽くしたとか。俺の勘だけど、前世のローマ時代オレオレ詐欺でおばあちゃんから年金詐欺ってる(笑)いわゆるカルマってやつ。

お昼どきの代田橋は昨日と違って今日は風が冷たい。

そのせいで、あのミットくんの地味な飲み物(笑)にみんな集まってすすり出した。美味い、美味いと少々騒ぎになっておる。ハス茶?あんま興味ないけど、ビールって感じでないしな。ミットくん、ほんとに10円でいいの?のんだらなにこれ?

めちゃくちゃ美味い!

どんな味って聞かれてもあれはちょっと説明できないな。すごく色々な味が入り組んで、全体的にはおばあちゃんのような味(笑)ミットくんのキャラとカルマの浄化作用も相まって、味の説得力がハンパない。ミットくん、コーヒーよりこっちの方がいいんでない?

昨日はギリでTシャツで過ごせた。そうそうオダって(調子にのって)作ったTシャツが在庫過多になりつつあるのだ。




C68B8C2A-EE3C-4FD7-9D8A-460046852AF1.jpeg



だもんで、誰かがTシャツ手にした時の俺の猛攻が凄まじかった(笑)お客さんが手にしただけでもう買ってくれるかのように。

ピンク? ないけど、この色で別にいいんじゃないですか?

俺の決めることではない(笑)

そしてそっと箱に戻される時の俺の顔のフリーズ感。ま、元々遊びで作ったものだし、OMIYAGEかP.T.Aに残りは置いていけばいいさ。

昨日の打ち上げで声がガラッガラで何を言ってるのかわからんかせきさいだぁが、Kちゃん、予想に反して今日の方が人通り少ないねぇ。と、多分そう言っておる。寒いこととか影響してるのかな。

じゃがいもは昨年の五倍以上は持ってきてるからさ。やらかしたか?かせきがチラッと箱の中を見て、Kちゃん、今年は完売難しいかねぇ。昨年はかせきが完売したことにえらく反応してくれて、今年もいいところ見せたかったんだけど、かせくん、これどころか、実はまだ上に丸々二箱残ってるんだよね(笑)

あたりがちょっとずつ暗くなってくると、このフリマは異常な盛り上がりを見せ始める傾向。完売は難しいかもしれないけど、ちょっとずつ酔ってる人も入り混じりはじめて、空気が和んできた。まだいける。

昨年も来てくれたイラストレーターの青年。今度個展をやるという。来年も来てくださいよ。全然本気じゃないと思うけど、そう言われると、俺って意外にニーズあるかもなんて。普段それ全然感じながら生きてないからさ。 

喧騒にまぎれて、すーっと若い女性が暗闇から浮かび上がり、じゃがいもに寄ってきた。

へーこれ有機栽培なんですか?

小さく上品で抑揚のないきれいな声。おっとそういうのどんどん聞いて!俺、唾撒き散らしてまくしたてる。だってさ、どうせ口に入れてなくなるものでも、いや、だからこそ、どれだけ俺が愛情注いで育てたものか説明したいじゃん!

で、どれくらい必要なの?お嬢さん。袋に手が伸びるかそのタイミングで。

あーそうなんですね。ありがとうございました。

ズコ〜!

来た時と同じようにすーっと闇に溶けいった(笑)あ、あのだいぶ興味あるような口ぶりだった、よね。。。? なんか、気になるところあったすか?汚い? 俺が(笑)

ん?あれ?あれれ?この感じ。あの子、昨年も来なかったか?なんかこのひとしきり喋らせておいてからのフェードアウト、このパターンは記憶にあるぞ!そうだ!絶対に昨年も来てる!フワッとした幽霊チックな子。もしかしてマジで幽霊だったかも(笑)幽霊でもなんでもいいが。

おまえ、来年こそは、いもぐらい買えよな(笑)U-REIドルで。

う〜ん、こんなもんかな。結局、友達、友達の友達、友達の友達はみんな友達、に助けられて、ニンニクや玉ねぎは完売できました。Tシャツも、すごくそれ目当ての方が見られただけでいいや。Tシャツに真っ直ぐ突っ込んでくる感じ。嬉しかった。あとは配ってしまえ。問題はじゃがいもな。でも一時期の敗戦濃厚から残り十キロくらい?結構みんなチコチコ買ってくれたよ!完売とはいかなかったけど上出来だよ。あとはお隣の飲み屋さんに全部差し上げて、つまみに使ってもらおう!うん、それがいい!さ、そろそろ終い支度しますか。

そこにやたら目力のあるおじさんがすーっと近づいてきた。なんか、こう、ボクサーみたいなオーラ。な、なんだ、こっ、怖い(笑)

じゃがいもある?

ありますよ〜!何キロでも!(怖くなかった、やったぜ)

全部ちょうだい!(ほげ〜)

最初、何言ってるかわからなくて(笑)おじさんとじゃがいもをコネクトするのに3.6秒。

えっ?全部ですか? ゆうに10キロはありますが。。。

コネクトコンプリート。いや〜、これは、願ったり叶ったりつーか、渡りに船つーか、自民党にキックバックつーか、なんか最後の最後、どデカい大逆転キタ!(笑)

みんなに配るから、隣の店(飲み屋さん)に置いておいて。

わお!俺が無償でやろうとしていたことを、おじさんがお金払ってやってくれた!

この街の人にはお世話になっているからさ、みんなに食べてもらうよ。俺、じゃがいもが好きでさ、全国から色々取り寄せて食べるけど、やっぱり北海道、特に富良野やつが最高よ!

えっ!そこまで!

なんかわからんけど、パパッとノリで買った。それでも、もちろんうれしいけど、わかってもらってる上で買って頂いたのがなおよかった!もうほんと片付けてる途中の出来事で、小躍りでしたよ。で。

今年も野菜は完売となりました!!ありがたやありがたや。ムラぐるみはOMIYAGEにて永久展示となります。おまえらパクんなよ(笑)

このあたりになるともう寒くて寒くてさ、あっという間にみんな居なくなった(笑)じゃ、ロボさん打ち上げ行くかい?思ったよりもちんまりした人数だったが、向かうはいつもの沖縄料理。とにかく島らっきょ。

ミットくんがすっげー嬉しそうな顔。Kちゃん、ハス茶めちゃくちゃ売れたよ!ものすごく楽しかった!そう言ってお金を入れていた紙コップをじゃらじゃらさせてる。中を見るとみっちり10円が!

なんでも六十杯ぐらい売れたらしい。俺だったら200円で売って12000円ゲトって、まーこんなもんかな的なツラしてると思うのよ。ミットくん、10円じゃらじゃらさせて心底満足してるのね。

完全に負けた。人として。

だけど逆にミットくんが楽しめたってことは、俺は人として間違ったことはしていないということ。DAYONE?会うたびに胸がほっこりする。こんな人おるかいな。人やない天使やで。

その場には、今回Tシャツやデージェイでお世話になったP.T.Aの桜樹さん、うどんくん(すごい名前だよね(笑))、いつも野菜を買ってくれてる方なんかも居て、フレッシュな話題に。

へー桜樹さんって学生に頃からシルクスクリーン一本なんだ!アツい!こんなアツい漢おるかいな。人やない長州力やで。

久しぶりにマトモな人と会えたって感じ。今回は彼のアツさとさまざまな思惑がぱちんぱちんとハマって、輪がデカくなった。全然上手く言えないけど、こんなことってあるんだなってことの連続でさ。人生で初めて何かしらの「流れ」みたいなのを感じました、マジで。

だってさ、桜樹さんがお店の都合でイベントはこの日しかできない!って決めてた日と、俺が上京してOMIYAGEでフリマする日、が、一緒だったのは、たまたまよ!偶然!別に二人で打ち合わせて日程を決めたわけじゃないのよ。二人ともその週末しかなかったの。

ゆっほ!宇宙人もビックリ。

歩道橋真下には寒風とスポーツカーが通り抜ける甲州街道。毎日ここをバイクで通勤してたのウソみたいだ。思い出すのは渋滞にハマってぺたんぺたんの日というよりは、帰路、いまぐらいにうす寒くて、車のまばらな甲州街道。自由って感じ。

あっ、今通ったの俺だ!

ほろ酔いでほろほろ歩く。都会の中の暗闇、都会の中の暖かさ。ロボさんが連れて行きたい店があると言う。暗闇の中にこうこうとUFOが舞い降りたような一角。ロックステディ。そこにみっちり代田橋の呑んべぇが集結していた。そこにはさっきまでOMIYAGEの横で営業していた立ち飲み屋の女店主も。つまり店主と客ごとゾロゾロと代田橋を海遊してるんだわな。こんなの初めて見た!昨年から薄々思ってたんだけど、代田橋の町全体が、ちょっと飲み過ぎ(笑)

そこには先ほどじゃがいも平らげてくれたおじさんもいました。酔ってても眼光鋭し。この人ただもんじゃないわ。実際に話聞いたら、やっぱただもんじゃなかった。ここには書けません(笑)

あれ、ロボさんは?

あとから考えると小便に行っただけなんだけど、ロボさんが居なくなると突然俺たちよそ者感が。失礼なことをして埋められる間にオイトマしましょう(笑)ありがとうロボさん、代田橋、桜樹さん、うどんくん、お客さん。

来年もあったらいいね。できるかできないかは、自分たちと言うより、この町の開発が絡んでのオハナシなので可能性は半々ってとこ。もっとも来年がなくても悔いはないように全てねじ込んだこんだつもり。

改札でお別れ。酔っぱらいの目に入る安蛍光灯の白はやたらと眩しく。

今晩は何日か前に泊まって殺されかけたカプセルにまたトライ。俺って人からすると、どうしてそんなことするの?って思われることを平気でするみたい。今晩は耳栓を用意した。日々成長。ちがうか。

耳栓の効果があったとは思えないが、いくらかマシな夜を過ごせた。

明けて最後のバビロン視察日。棟方志功は行ったからモネでも行くか。となるとだな、モネ、上野、おとんば、と、こういうイメージで。この貧相さ(笑)せっかくの東京なんだからもっと色々なところ行ったらええやないかい。しかし、これが俺。背伸びしてモネ。以上ダジャレでした。

ここ数日に色々突っ込んだけど、なんとかこなせたのかな?今日は突っ込まない。大人として。モネを経由してチューハイ ト ヤキトン。独り反省会の意味合いで昼から独り飲み。この値段でこのクオリティ、やっぱバビロンハンパねぇっす!

ホッピーおかわりしようか迷ってるとき、ヨシから連絡がきた。時間があいてるなら何処かへ、と。ドライブ。喜んで。ヨシは見せたい夕焼けがあったみたいだが、分岐を誤り、首都高をぐるぐるすることに。

森の中の麓郷街道、ビルの中の首都高。どちらも好きだ。だって同じだから。人間だけがこの宇宙から逸脱したものを造ってしまってるネガティブな存在だなんて考えるのは逆におごりだぜ。言うなれば、人間だけは特別って捉えてるわけじゃん。な、わけねぇ。あの工場から出ている煙だって摂理の中、なーみん?

ほっこりと夕暮れ。気持ちいい。

もう、俺、完全にやりきった感で、元気余ってたら、また今晩もトキオカの店で軽くみんな飲もうかなって考えもあったのだけれど、とっつあん、もう、お腹まんぷくっすわ。これ以上贅沢しちゃいけねぇ。おてんとさまに怒られる(笑)

ヨシ、ありがとう!今日は大人しく帰るわ。新宿かどこかで降ろして。

えっ!Kちゃん、今日これから何も予定ないんでしょ?俺に疲れた?疲れたならハッキリそう言って!

そんなんじゃないよ(笑)

だけど、俺的には今回中で一番ウケた印象的なセリフでした(笑)ヨシっぽいわって感じ。なんかキュンとした(笑)いつまでもそのままで。

浅草って昼と夜の差がでかい。あっという間に人が消える。店終いしてるところもチラホラと。ヤバい、ヨシとごはんぐらい済ませておけばよかった。まだ、大丈夫ですか?目に入っただけの安定の蕎麦屋。

ここ数日のいろいろな出会い、顔、言葉、思い、景色、笑い、じゃれあいがまだ胸にある。それを感じながら一人で飲むビールの静けさ。最高です。

FUCK YOU TOKYO A LOT OF THANX!!

酔いってビール一本くらいがちょうどいい気がするんだよな。ではなぜ人はもっともっと求めてしまうのか?

知らんがな。

パッタリと人の居なくなった浅草をほろ酔いで歩く。ホテルに入ろうとすると煌々とやたらと存在感の増したスカイツリーが。スカイツリーの下ってどうなってるんだ?そんなに遠くないな。

歩いてみるか。

スカイツリーのこの綺麗さ。あまり世の中に伝わってない気がする。まるで俺みたい。ウソです。

さ、終わったな。明日、午後の飛行機ってことは昼に上野に行けばいいから。ってことはだよ。

最後、おとんば、ねじ込めんじゃん!




5EFD21B4-2246-4F9A-A4EE-F24699965CEB.jpeg




お店もそこまでキチガイ仕様になっていなかったようで(笑)ま、いいさ。もう充分!ムラは俺がこっちにいる間、ずっと雨だったって。もう紅葉は全部落ちちゃってるだろうな。ニャンコたち、待ってろよ〜こねくり散らかしてやる!




さ、ボロ屋に帰るぞ!









この夏、ヨシのブログを見て、昔作ったTシャツをまた作ろうと思いついた瞬間から、思ってもみない方向にはなしと人が繋がり、流れ、転がり、一ヶ月以上経った今、予想だにしていなかった景色が。今回のバビロン登頂の「流れ」は結局全部ここに向かっていたんだなと。


諸君これが頂きです。

 











Gさん、このビデオ見たことある?殺されるよ。初めて見たのはシャシャの部屋。もう息ができないくらい二人で笑って。ああいう笑い方って多分あの時が最後だったかも。




果たして彼女はほんとうに。。。。




今年のタイラザワムネガザワザワシナイミックスの俺的なピークはビートルズからのこの曲。彼らこれ作ったの二十代前半?もし自分に息子がいてこんな曲作ったとしたら、もう、そんなことを想像できる歳になりました(笑)









posted by Admin at 15:42 | General

東京バビロン登頂記23 七合目 

November 23, 2023

7CEC30358472.jpeg" target="_blank">3955BB32-8BF1-4F20-BE30-7CEC30358472.jpeg


前回ファイナルって書いたのに、七合目まで戻ってるべや。

いよいよOMIYAGEでのフリマ当日。前記のとおり京王線に乗る頃には、完徹サウナでもうボロボロで(極端に寝不足に弱い体質)正直食欲がなかった。まだ一昨日のチューハイ下町ツアーのダメージが内臓に残ってる気もする。しかし、すーさんとお昼食べる約束してるんだよな。これって昨年、山下さんにタコス連れてってもらって、ごめんなさいした状況と同じだ!(笑)

Kちゃん、お願いだからそういうのやめて!

なんで?俺、今、何も食えないよ。

だから、そういうのやめてって。お店の人に失礼でしょう!

今、カレーは食えないよって言った途端、すーさんに強烈にさとされた(笑)すーさんと俺は同じ午年。だからジュウニコ違うんだけど、俺からすると歳下って風には全然感じてなくて、かといって姉でもないし(笑)だけど、その時は出来の悪い世間知らずの弟と、一足早く世間にもまれた姉の会話だったね(笑)

知らないの?最近ラーメン屋さんで一杯しか頼まない客が叩かれたのを?

知ってますよ〜だ! 

すーさんのお店の方に対する配慮素晴らしいと思います。だけど、我慢して食べるって違うくない?現象だけ見れば「一杯のかけそば」でしょ? あれで日本全土が泣いたべさ!(笑)

結局、小さなルーとビール小瓶だけ頼んで、ナンは分けた?んだっけ? 美味しい。たしかにちょっとお腹に入れたほうがよかった。

ごめんね、ちょっと俺、お腹いっぱいで。店主に謝った。うん、ぜんぜんいいよ、気にしないで。

はは〜ん、なんか東京バビロン民から、なんか少々疲れたバイブス感じる原因はやっぱコレだよ。一言で表すなら「気疲れ」日本のみなさん、すーさん、そこまで気にしなくていいんじゃないの? (オマエがイウナ)

でありますが、こういうのって、一昨日知ったんだけど、脳の機能のひとつという説があるんだわ。人から見られているかもしれない、だから自分を律するという能力が最初から脳に備わってるんだと。

例えば古代人は土偶から神の声を聞いた。これは神の声を聞く能力を備えていたわけではなく、あたかも神に見られていると察する能力を備えていた。これ大きな違いがあって、後者は自己完結の言ってみれば妄想だからね。よく「おてんとさまはおみとおし」って言うじゃん?おてんとさんにみられてる感覚?右脳にそういう活動をしている部位があるって説があるって知ったんだけど、あ〜なるほどね〜。たしかにそれで全部説明つくわ。今日日の社会の生きづらさ(という声)

みなさんの想像力が豊かすぎる弊害でございます。

特に日本人はそこの部分が発達してそうじゃん。これだけ無宗教なのに、これだけ手を合わせる国民おるか?だからこそ、よく言えば、秩序だった国民性、気配り、言われなくとも察する力、悪く言えば羊、村社会、全部逃れようのないことでした。

まして、昔はおてんとさまと村人ぐらいが察する対照だったのに、ネット普及でその配慮しちゃう対照が爆発的に広がったわけじゃん?見たことも聞いたこともない誰かの声、視線を脳内で察してしまう、日本人ってそれにいちいち対応できちゃうんじゃないか?たぶん。それって悪いこと?いや、いいと思います。

でも、そりゃ疲れるって(笑)疲れなかったら馬鹿じゃん。

でもSNSで広がれば広がるほど、自分自身で自分を呪縛していることになっているという理屈。その特性を分かった上で楽しむのが良いと思います。

あ〜やっとブログに書くネタ出来た!カレー屋出て代田橋まで小春日和の中を歩く。なんかロボさんの歌の中を歩いているようだったよ。一言で言うなら愛おしさ。店に着くと、意外や意外、既にマイメンロボ宙が、椅子にいつも足の組み方で、いつもの腰の角度、いつものようなタバコの吸い方で座っていた。

店長、今日はよろしくお願いします! おっ、おおぅ!(言ってない)

こういうのって、なんでも一番最初が一番盛り上がると思うから、正直、昨年と同じくらいだったら大成功なんじゃないか?って思ってて。と思ってる割には、今年は前年比五倍の量(笑)に加えて、わけの分からんTシャツとかぬいぐるみで若干賑やかにしたつもり。

OMIYAGEもさらにパワーアップしてて。「ロボさんの部屋」から「度が過ぎてるセレクトショップ」に(笑)むかしこういうお店いっぱいあったけどねぇ。今もあるのかもしれんが。なにこれ?っていちいちドキドキする感覚。必要だと思います。

かせきやアニも到着して、ささっとお店を広げる。両者流石にやり慣れている。アニはクジとか持ち出して。センパイ勉強になります(笑)

友達と言えども、他人のお店を間借りして、いきなり緩いことしたら、ロボットサンシャイン(おてんとさま)に怒られそうだったので、気持ち動きにシャッキリ感を出している。

俺も右脳の察する力はパねぇから(笑)

そんなわけで、ちょっとマジメなふりしてたんだけど、パッと見たらさっそくロボさん楽しそうにビール飲んでるから、あっ、いいのか。。。俺も飲もうっと。

おっとやっぱいいねぇ、ほどけてきた(笑)らっしゃい、らっしゃい!(言ってない)

野菜の値段については、すーさんが昨年のが安過ぎるよと言っていたので、あと周りの店見てさ、大体これくらいだな、ってところでテキトウに。通販はハッキリ言ってべらぼうに安い。あのニンニクが200円ってほんとはありえないんだけど、送料が高いからそれを考慮してます。OMIYAGEはうちで送料持つから、ま、変に安くなくてもいいでない?とオモタ。



903FE99C-0CD9-4959-8A30-40BF73754620.jpeg



昨年の感じで、ともだち、お客さんがくるのは三時くらい。そして四時くらいから謎の盛り上がりをするのが分かっておるので、今はのんびりしよう。ぼちぼち、タンタンと芋はお陰様で売れていく。ムラぐるみは。。。なんか芋と並べて売ると謎が過ぎるみたいだ(笑)ひとりのおばさんが強烈に見入ってたけれども。

なんかソワソワする。この感じすき。

それに加えて、なんと今晩はデージェーなるものを、依頼されまして、データーってどうやってCDJに取り込むのかなぁ?とか。そっちに頭がいってなくもない。やったことなんてないのにさ(笑)

でもやるんだよ。

二ヶ月ぐらい前だったかな。タケイグッドマンブログに自分が過去に制作したTシャツ「SOBA save the earth」とプリントしてあるTシャツがチラッと載ってた。アレ、まだ着ていてくれているんだ!嬉しいな。むむっ?待てよ。この感じ!確かもう十年以上前のものだけど、逆に今な気がする。そうだ、これまた作ってフリマに持っていこう。だけど今の自分には、今更Tシャツくんで当時のように、しこしこ刷る暇も情熱もない。誰か作ってくれないかな〜、なんて、都合のいいことを、ぼんやり考えていた。ところが、突然、ほんと翌日くらいに分厚い手紙が届いた。おっ!Sさんだ!(野菜をここ最近買ってくれている方)

中に絵葉書が入ってて、そこから読み始めると、思いが溢れて、書ききれない文字が巻物のように数枚の手紙繋がるという、どうしてこれだけ内容を、最初は絵葉書で収められると思ったのかがまず不思議(笑)だったんだけど(ハガキではじめた訳は後日聞くことが出来、納得)見たことのないその熱量の凄さ(笑)

要は東京に来ること知り、それに合わせてオラにデージェーをやって欲しいのだと。やったね!オラ、デージェーやりたかったんだ!ウソウソ(笑)いくらなんでも分からな過ぎるし、俺、音源ないから、最初は断ろうと思った。

だけど、人生、ノリつーか、流れってあるべ?頭で考えないで踊らにゃそんそんってタイミングもあるのよ。実はSさん、荻窪でPTAってシルクスクリーンの工房やっててさ。

アレ?これって渡に船?渡哲也都市伝説?

「SOBA」の制作はSさんに頼んだらいいじゃん!どうせ向こうもオラがデージェーなんかやったことないこと承知で頼んできてるに違いないわけで、漢だったら、代わりにもうここは踊るしかねぇべや。フルチンで。

やります!

そわそわ。もう一本ビール頂いちゃおうかしら。

代田橋改札付近に徐々に人の賑やかさが出てきた。昨年も味わった都会の片隅ならではの暖かさ。好き。おっと!丹南(DASSEN3のデージェー)が現れたぞ!この男を!この男を!紐で結えても渋谷まで連れて行かねばならない!

Kちゃん、緩いイベントだからそんなマジメに考えなくても大丈夫だよ。ってみんなに言われるんだけど、根がマジメってのもあるし、熱く言われたら熱く返したいじゃん?

デージェーのお供はすーさんと丹南が来てくれることに。ありがたやありがたや。

センター街をじゃがいもぶら下げて歩く。本当は我らがホーマックのdcmブランド長靴を履いて歩いたらリアル。石灰で真っ白くなってるやつ。ま、これからはそういうデージェー出てくると思うよ。Z世代に期待だね。じゃがいもかと思ったら、それUSBスティックなの(笑)

Sさん、今日はお招きありがとう。挨拶もそこそこ。お店に着くなり、俺らはサービスで配るじゃがいもをさっそく煮出した。

すごいデージェー現る(笑)

お店の中には「oh boy!」から何枚かがプリントされて飾られていた。自分が選んだわけじゃないんだけれど、どれもこれも、自分が特に好きな写真と完全に一致してて、それはどれもなんとも言いようのないふつうの瞬間なんだけど。

台所のテーブルの上、やかんや野菜を、ただ撮った写真。

言葉にした途端嘘になる。けど、伝わるところには伝えたい部分がちゃんと伝わるもんなんだなぁ。こんなことってあるんだな。

山下さんも来てくれてた。

Kちゃん自体の生き様がSさんにとってのパンク初体験になってるんだよ。これはすごいよ!

すーさんが味見したじゃがバターに感動してる。

Kちゃん、このじゃがいも、めちゃんこ美味しいよ!

あたりまえだべや! 

丹南が俺の写真集を見て泣いている。

エモすぎて(笑)

さ、俺祭り、いよいよ盛り上がってまいりました!(笑)大将、デージェーの出番だぜ!

ブースに行くともうボタン押して、クロスフェーダー動かすだけでいいようにセットされてた。ありがたやありがたや。お客さんにLBでごく初期に作った赤いボディに黒文字のTシャツを着ていらっしゃる方がいらして感動。オラ、あの人、踊らせる。

54ー71でその方のお子さんの頭が完全に開いて、こりゃいい踊りしてるわ〜!こういう音楽の一番好ましい聞かれ方をしてるって感じ。

オラのマックスポイントは「襟裳岬」で溜めを作ってからのデラソウルね。キマッタ!



しーん。



あれ?思ったより意外に反応ないな(笑)ま、いいや。

お店を閉めたロボさんもやってきた。ほとんど身内だけど、居るべき人がいる感じ。外人のカップルがふらふらっと入ってきてさ、どうせだからって、アイ メイク!アイ メイク!つて、じゃがバター持って行ったんだけど、もしかして、今考えるとこれって軽くお店の営業妨害だよな(笑)ちなみに今回バビロン視察で一番美味しかったものと言えば、この虎子食堂の名物料理らしいんだけど、チキンでした。あれは美味かった!

ま、最終的には、酔いととにかくありえない空間にいるという浮遊感とたくさんの握手の大団円。

ロボさん、そろそろ帰りましょうか? なんか腹減った。ペヤング食いてぇ。よくよく考えたら、午前中にすーさんとのカレーを食べそびれてから、飲むだけで何も食べてない。

ともあれ、今回の登頂で一番の険しい箇所は走破できた。そしてそれはやはり田舎に引っ込んでいただけでは味わえない体験であり、Sさんやその周りのナイスな方たち、確実に何年か後、「あの夜って何だったんだろうね?」認定確実な夜でございやした。俺ってそんな夜ばっかなんだけどさ(笑)つまり、それが宝だよね。何事にも換えのきかないジュエリーだメーン! サンキューブロ!

環七沿いと言えども深夜は静か。俺とロボさんは彼の家のキッチンで、缶ビール一缶で揃ってペヤングすする。なんとなくその時、ナチュラルカラミティがかかっていたようないないような。ペヤングカラミティ。こういう感じの夜の過ごし方、俺とロボさんは何度も過ごしてきた。すごく懐かしいフィーリング。

ああだこうだ、わけのわからないことをダベってた。昔もこの瞬間も。だけど時間が経ってなんだかんだお互いやってきたことが形になりつつ、もちろんそれは世間では成功と呼べるレベルのものではないが、こうして何ひとつ自分を曲げずにサバイブできてることに、変わらない友情に、俺は正直静かに感動。そして周りで支えてくれて、気にしてくれる仲間達に感謝せずにいられない。

うん、なんかわからんが、充分だ!

意外にペヤングが入っていかなかった(笑)そういうおはなしではないのだが。ロボさん、今日はありがとう。また明日も。

深夜の環七で誰かブルーハーツ歌っとる。

しかし、すでにもうそれも夢だったかも。




(つづく)




俺、今、とにかくturnstileが好きで、デージェーで三曲ぐらいかけたかも(笑)




渋谷センター街でであぶらだこがかかったのは「屋根裏」以来だとか。ウソです。この曲すごくきれい。









posted by Admin at 14:56 | General

東京バビロン登頂記23 いよいよファイナル

November 07, 2023

AA0C6F7D-A587-4D24-A905-1726351E7C8F.jpeg


え〜額縁に入れられた嫁の写真を冒頭に置いた男のブログ。始まります。

前回の続き。

そこで書いたことなんですが、その時間の感覚の違い?俺は富良野に来てもう15年、周りはまだ15年って感じるところの違いのことなんだよねぇ。すっごい不思議。

あれからずっと考えててたんだけど、結論それって田舎暮らしの単調さに起因しているのかな?という結論。

時間の尺が同じでもその中にあったトピックの数が田舎と都会では圧倒的に違うから。単調な生活って割と早く感じるんじゃないかな?で、対照的に都会はみっちり詰まってるじゃん?えっ?そんなことない?

たしかにそんなことなかった(笑) 

若い頃はダイナミックな人生、そんな感じ憧れてようなものも確かにあったけれど、この年で悟ったのは、俺そういうの全く向いてない地味キャラ。毎日粛々と同じような日々を生きる地道キャラ。あまり退屈を退屈って感じない性分、それが自分のキャラだな。だからここでの暮らしは向いて居ると思うっきゃない。

ま、そんなことはいいとして。はなしの続きです。

次の日、いよいよフリマだから身体を休めようと、がっつかない自分に自分が驚きつつ、都内某所のカプセルホテルに早々行ったのね。ハイハイ、あなたの声、もう聞こえた。

カプセルはダメじゃん!

わかってますよ〜だ!ま、色々理由はあるんだけど、まず今ホテルものすごく高いです。あとサウナって興味あった(サウナ付きが売りのカプセル)あと最初から無理なのは分かってたんだが、自分がどこまでやれるかためしたかった。チャレンジの意味なんですよ〜だ!カプセルでも熟睡できるこの俺かっこよ!(キメッ)

結論から言うと完全に敗北。全く無理だった(笑)

何が無理かというと、例えば都会であっても、裏に入れば静かじゃないすか?物音ひとつしない。ところがアレって喧騒の相対的な感覚で静かに感じるだけで、本当は何か聞こえてるのね。ビミョーに。鉄筋を落とした音、家から漏れるテレビの音、遠くのクラクション。もし万一それすらない無音の瞬間があっても、ここでの暮らしに慣れちゃうと全然静かじゃないんですよ。そこにみっしりと人の気配を感じて。

病気じゃないよ(笑)

別にそれが不快ってわけじゃないんだけど、ザワザワしてて、つまり本当の静寂とは感じないわけ。ここの真冬なんて雪が音を吸収しちゃって俺死んだんじゃないか?ってぐらいの静寂と漆黒の闇になるから(そういう夜ってものすごくよく眠れます リアルにあんな静かに死ねたら最高)

そんなところに普段いる奴が、カプセルホテルで眠れるわけないんだわ。カプセルが悪いんじゃない。全ては俺のせい。

繰り返して言うが、わかってたんだけどやってみたの。そういう夜を味わってみたかったのよ。でも、ドアの音は一晩中キーキーうるさいし、致命的だったのは、夜中、誰かの荷物からアラーム鳴り出して、だけど持ち主は寝てて止めないのね。それが30分おきぐらいに鳴るんだわ(笑)

ぼ、ぼく、まいりました、許してくだざ〜い!(マジで叫びそうに)東京バビロン、ここまでとは、俺の見立てが甘かった!バビってえろすんまへん!だからどなたかたのんますからアラーム止めて〜!

今度は耳栓もってこよ(それでもまた泊まるつもりです)

身体休めるつもりでライブ行かなかったのに、地獄のような夜でほんと泣き。サウナもさ、床にペットボトルやタオルが散乱してたり、ゴミ箱が圧倒的に足りてない。ここは日本か?つーくらい見たことないくらいカオスで、もう、おじさんはこういうとこ無理だな。ま、若い時でもこれは無理だったわ。

端的に言って疲れた。バビロン山登頂もまだ四号目といったところ。でも負けられね(笑)チェックアウトまでの時間、持参した黒ニンニクの一片をむしりとり、口に放り込む。狭いカプセルの中、白髪のジジイが、黒ニンニクを疲れた姿で食ってる画。

なかなか。

いよいよボロボロで迎えた朝、ロボさんのお店OMIYAGEで行われるフリマ初日。芋売ります。「俺もハネモノ 君もハネモノ 彼はハネモノ 彼女ハネモノ みんなハネモノ あいつハネモノ こいつハネモノ どいつハネモノ」

俺、芋売ってる時はこの曲が頭の中でループしてます。朝から気合い入れてこの曲回して。今、気がついたんだけど、これってキチガイの手前かもしれない(笑)

フリマ二年目。多分来年はない。そしてこんなことってもうそんなにない気がする。俺の人生の中でも。今回も幸運なことがたくさんあって、トントン拍子に、とん、と、と、とん!と、ことがはこんで、ミー、ラッキー。

理由なんかない。

ただやりたいからやってきて、だけどその一番やりたかった感じに昨年からぐぐっと近づいて、今年は自分のイメージ以上の拡がりを感じる。

これはオラの持論だけど、もし自分のほんとにやりたいことの理由が他人にキチンと説明できていたら、極論、その時点で、それはほんとに自分のやりたいことではないよ。他人の評価であるとか、世間の評価であるとかが、理由のどこかに混じってる。例えば有名になりたいからロックンロールをやってます。とかね。実際にそういう若者に対して甲本ヒロトがさ、ロックンロールは手段じゃないよ、既にロックンロールをやっていることが目的なんだよ。って、そんなふうに言っててさ。かっこえ〜!じゃ甲本ヒロトがロックンロールを演る理由、そんなもの必要なのか?っておはなしで。実際説明不能だと思うよ。

しらんけど。

自分でもわからない抽象度の高いものを、他人が理解できるわけないじゃん。理由がない、言葉にならないことってのが、ほんとなんだと思う。

だけど、十五年前、オラの下手なしゃべりでは誰にも説明出来なかった感じが、百聞は一見にしかずで、こういうことがやりたかったんです。この場を見てください、感じてください。と言えるぐらいのことが目の前に現れた。ハネは幸せものでございやす。

このわけのわからないハイブリッド感。。。これを求めていた(泣)

野菜の中に写真集を入れただけではなかなか理解されなかった。

俺は都会も田舎も好き。だけどベタは嫌い。あさぐろく日焼けして、おひさまをみあげて、今日もいきてます、ありがとう、かんしゃ的な。それもいいです。だけど俺はそのシーンにDISCHARGEを爆音で流したくなる。そういう性分なのだな。どっちか片方だけのことって嘘くさく感じちゃう。

田舎暮らし。いかにしてベタじゃないところで体現できるか?でやってきました。

そして、それが誰かのヒントになるんじゃないかと。別に100%田舎が好きでなくとも、テキトーでいいんだよ。俺だって別に憧れて田舎暮らし初めてないし。憧れというより必要だったから。でも自由で楽しいよ。コスパ(好きな言葉ではないが)いいよ。そんなのやり方しだいだよ。特に今はネットもあるし。

だけど、そんなへそ曲がりな性分でも、自分の思う面白みが、伝わってる人達には、ちゃんと伝わってるんだなぁって、今年は分かった。分かりすぎるくらいに(笑)うれしいな。まんざらでもないんだな。

だからオラが野菜売るのもハナクソほじるのも一緒。そしてロボさんがOMIYAGEをやるのも一緒。そこに理由はない。やりたいだけ。だからこそほんとのこと。そして今日、俺たちは理由なく芋を売る。ロックンロール!

かんしゃ(笑)

代田橋に行く前に刺繍のすーさんと打ち合わせと称してお昼ご飯を食べよう。しかし、そこでも、俺的にはすごく思慮深いできごとが起こったのだった!

けど、あれ?れ、れ、れっー?もうこんな時間?俺の持論を偉そうに書いてたらもうこんなんなっちゃった!今回はウザい自分語り多めですいません。

今回でファイナルのつもりだったが、まだ登頂は五合目くらいだぞ?はなしが。フリマやDJやったところさえ行ってないじゃない!(笑)記憶も衝動も薄れてくるし、ヤバい、今回は登頂できないかもしれない。




(しかしつづく)



タイラザワムネガザワザワシナイミックス23、もうみなさん231巡目くらいになっていると思います。だけどそこからです。一年聞けます、そういうふうに作られてます(笑)後半のあの曲ね、あの曲はカバーで、原曲はこれなんですと!カバーの解釈とセンスに脱帽!当時すごくビックリした!って山下さんそう言ってました。それ教えてもらって俺もすげぇびっくりした。ちびり。




posted by Admin at 13:35 | General

東京バビロン登頂記23 その1

November 01, 2023

9971664D-4A2B-4A79-81EA-EEC6E5F66A50.jpeg



ボロ家に帰ってきたゾ〜!

ムラが昨夜一週間弱の帰省を終えて帰ってきた。なにせ猫様がいらっしゃるので家を開けられない。うちは昨年から日程ずらして東京行くという作戦にすることに。

玄関で開口一番でやっぱそうだよな的なひと言。あまりにも図星だから悔しくて、

全然ボロくねぇよ!(根拠なし)

そして翌朝。

よかった晴れてる今日ついてる(スチャダラパー「ついてる男」のうる覚え)もしかして今日いける?準備OK即家を出て、いつもの通りを曲がったところで、フニャ、みみ〜ん、はにゃ? ソールにめっちょり首無しネズミ。柔目だわ、こりゃ超幸運だ、ヤッホー空港まで即ダッシュだ。

今年はボンちゃんの昨晩の食いかけネズミを踏んでからの出発となりま〜す!

背負ったバックはもち飛行機に載せる重量規制内。絶対に重いわけがない。だって七キロ以下。ところが昨年は絶対に重いわけがないこのバックがやたらと重く感じた。

歳?俺もここまでか。。。(笑)

そして今年、なんだ?やっぱり軽いじゃない!この足腰、多分夏のメロン集荷地獄を乗り切った賜物とみた。

身体なまってたんでいい運動をした。熱中症になりかけたがデカいものを得た。

と、まぁここまでは鮮明に記憶しておるのだが。今年はインスタなどやり始めたのでありまして、それをその都度、都度で上げていたこともあり、そうするとやっぱり忘れるんだわ。よって今回はかなり曖昧な記憶と淡白なバビロン登頂記となることを最初にお断りしておきます。

あと、ケニーが日本に居なかったっていうのも淡白なった理由。あとそれによって確実に酒量も減った(笑)いいと思います。

一年ぶりかぁ。

一年つーたら、あーた、この歳になると、若い頃の七時間ぐらいの感覚になるからね。さっきだよ、さっき(笑)

昨年きたばっかりだから、東京?バビロン?いやいや全然余裕。Suica?あっ、持ってた、昨年買った。知ってますとも。これ、ウチら東京離れる時にギリギリ出てきた感じで、まだまだな普及率だったのにやたら普通になった。でもこれ便利だよなぁ。銀座線、やり慣れてる感全開で財布から出し、足早に改札に突入。全然考えないで、キップの挿入口に捩じ込もうとした(笑)ヤバ! 違う、ペタっ、ポーン!無事通過。

ついてる、マジでついてる!(ちがう)

難所を通過していざ地下鉄に乗ったものの、アレ?出る時ってまたSuica要るのか?いきなりわかんなくなって、車内でムラにメールした。その答えは。

大丈夫か?

ムラはあまりのレベルの低さに多分本気で脳の血栓を心配していたと思われ。

浅草に到着。早々にタケイグッドマンと合流。ここも全く昨年と同じ。ありがたいものですぜ。オラもう東京バビロンを離れて15年以上経った。それでも駆けつけてくれる友がまだ居るというのは。そこでの会話の中で。オラこの十五年ほんとあっという間だった。なんならまだ新参者という感覚すらある。そのことをヨシ(グッドマン)に言ったら、


えーまだ十五年なの〜!もう軽く二十年以上は経ってるって思ってた!


二十年って(笑)だけど、この類のこと言う人はヨシだけじゃないのね。この感覚の大きな違いってどこからくるのかなぁ?俺だけ時間の進み方が早いの?(笑)個人的にはかなり興味深かったな。

昨年は行くことの出来なかった老舗おでん屋さんに行ってさっそく満喫。やっぱりバビロン接客サービスの質は一流なり。もっと北海道は頑張らにゃあかんで。そこで弟のマットも合流してくれて。相変わらず身体全体からいいバイブス出てるな(笑)マットが怒ったところって見たことない。いっつもニコニコしてる。Kちゃん、まだF1好きなの?僕全然興味なかったんだけど、会社でパドックパス余ってるから行かない?って言われて、行ってからすっかりハマってるよ。 

マット、おまえニキラウダって人、知っとるか?

俺、いつからF1見てるかな。

最初に見たのはまだ家にテレビがなくて、お隣の佐波さんのお父さんがテレビを買ったいうんで、見に行った。まだもちろん白黒じゃった。そこに映ってたものがこの世で起こっていることとは思えないくらいに衝撃で。

わーなんじゃこりゃ飛行機が走ってるべや!

その時、勝ったのがニキラウダ。 

ウソ。

ま、でも、金が余るくらい持ってたら、ロスでスーパークロスか、パドックパスでF1を見たい! いつか、いつか、なんて言ってるうちに人生なんて終わっちまう。どうせ叶わぬ夢。それをマット、あーたって人は。いつもあっさりやってのけちまう。星ってあるのだな。だけど、マットよ、あーた、それ自分で手繰り寄せてるよ。その笑顔も実力のうちよ。

それにしても、昔ビールすら飲まなかったマットが下町名物の「ガリハイ」(焼酎に中にあの寿司屋のガリが入ってる)をあおってる姿は、俺的にはかなりブレードランナー感のある景色。つまり近未来。

オモエバトオクニキタモンダ。

それにしても人が多いな。観光客で二割くらい増な気がする。そんで外人ってすごく元気なのね。俺もあそこまで楽しい感じになりたいな。うっきょ〜!吊り革で懸垂しちゃうゾ!だけど、今日日、そんなことやってそれ誰かに動画でも撮られたら。。。

なんかさ、これ田舎のおじさんの戯言だから気にしないで欲しいんだけど、そういうお互いの監視の目?行き過ぎた気配り?空気を読む?多分ネットが浸透したことによって過激なまでにそんな空気が蔓延してきてる気がして、みんなのはなしを聞いても、それにいい加減ヘキヘキしてる、疲れてる、東京バビロンファーストコンタクトからはそんなバイブスを感じましたよ。同調圧力?つの?では田舎はそういうのがないかと言えば田舎は田舎でありますよ。むしろ強い。だけど疲れる感じではないです。やっぱりどこかのんびりしてるんだろうね(笑)それとの比較として観光客がやたらイキイキして見えるんじゃないかなぁ。

根拠ないです。

そして翌日、呑みの日。一時集合。狂ってる。狂い過ぎてて今年は参加者少な目(笑)昨年同様に上野「おとんば」スタート。今年はケニーとすーさんの都合がつかなかったので写真はありませぬ。この店、ほんと美味い。そして安い。大体どっちかじゃん。美味いんだけどね。。。安いんだけどね。。。この店のバランス、どうして他の店でこれが出来ないのかね?付き合ってくれた北山夫妻、ハッチャクくんも東京ネイティブだからさ、そのみんなが認めるこの店は俺にとって間違いなく東京バビロンの中心地、モスクだね。チェーン店らしいけど(笑)


その次は昨年と同じくネイティブのハッチャクくんのアテンドで裏から谷中入り。角打ち。これってカクウチ、カドウチ、どっち読み?ま、どっちでもええわい。

ビールケースを逆さにしてあるテーブルを発見してこの店に決定。隣の惣菜やで焼き鳥買って。たまらん。

994D34F6-4784-48D2-B16C-98EC1C20C394.jpeg


旅行から帰ってきたカトキチが言っていたけど、イタリヤでもこういう角打ちみたいなテイストのエリアがあって、パンの中にホルモン(イタリヤでもホルモン食うんだと!)挟んだ食べ物のパン抜きのホルモンだけを、通のオヤジが、隣ので売ってるワインでに楽しむ姿を見かけて。

まるで一緒じゃん!(笑)

って言ってた。大阪の肉吸いとか、そういう通の食べ物ってカッコよろしいですもな。「みそラーメンの麺なし、チャーシューは脂のない方、モヤシ、ネギ鬼盛りで」君たち驚いているけど、道産子〆は大体これよ?いつかこんな注文で札幌に来る観光客の度肝抜いてみたい。

その次のお店。顔が全く同じ姉妹とその姉妹と、全く同じ顔持つお母さんの三人でやってるデジャブ居酒屋。ほんといかにも下町で育ちましたっていう姉妹のトークが最高だった。ものごとをハッキリ言うし聞いてて気持ちがいい。

で、ロボさんが合流するまで時間があるっことで隅田川沿いで時間潰していたら、暗闇の中、ヤバいもの階段で見つけちゃったんだよな。オヤジのセカンドバックに入ってそうな、妙に存在感のある厚い黒い皮財布。持ってみるとめちゃくちゃみっしり何かが入ってる。もし札束だとすると二百万くらい。札束じゃないにしても場所が場所だけに、何かの売り物?


とにかく犯罪の臭いがプンプンするわけ(笑)


もしイリーガルなもの入ってたら、交番に届けても、ゴクロウサマデシターで即解放となるとは思えず。どーするよ?何かに巻き込まれる雰囲気すら漂って。それぐらい不気味な財布なわけ。だけど、俺はもうとっとと次の店に行きたいわけで、これ、このままにして置いた方がいいんでない?という結論に三人は一時なったものの。

ハッチャクくんが、イヤ、やっぱり交番に届けるべきです!困っているかもしれない!とか言い出してさ(笑)流石人情味溢れる下町王子。

いいと思います。

んだ、んだ、やっぱり、交番に届けるっぺよ。となったんだよね。俺もあの存在感の正体が知りたくなったってのもあるし。

財布落ちてました〜。

お巡りさんが慣れた手つきで躊躇なく財布を開けると。

5000円札一枚とあとは大量のカード。ふつー! 二百万じゃないのかよ!

つまんね(笑)

でも、まーまー盛り上がったところでロボさん合流。本日最後の店。浅草の中心街からはちょいと離れた、これはハッチャクくんに連れてきてもらわなければ絶対に辿り着けない店。

そこが本日の頂でございやした。俺、居酒屋でいい店を判断する基準はただ一点。それはチューハイが濃いこと(笑)そこだけ着目しておけば、あとのことは自然とついてくるの法則。ここの店いい!多分半分ぐらいは焼酎入ってる。オラ分かる。これはオラの家飲みの時の濃さ(ちなみに家での配合はムラの目の届かないところでやってます)法則通り、ツマミも最高。なんてことないんだけど、ツマみたいものがたくさん。鰹節の荒削りとか、小さな丸干しイワシとか。黒ニンニクもあったな。俺、黒ニンニクは酒のアテになるっててずっと思ってたからやっぱりなって感じ。百点!


逆に薄い店な。これ札幌あたりにそういう店多いんだけど、0点な。いくらテイの整ったアテが出てきたり、雰囲気がよくても、チューハイが薄い店は必ずボロが出る。チューハイの濃さはすなわち客に対する愛の深さ。薄いチューハイほどこの世で不味い飲み物はない!ヤギの小便の方がまだマシ。んで、そんな店に限って一杯700円とかさ!ありえないよ。

チューハイおかわりください。今度は濃いめで(泥酔していることをさとられないように目をかっと開いて。でもバレてます当然)


ま、そう言うと大体は濃くしてくれるよ。ま、でもイヤな客だわな(笑)

ケニーが居るとここからさらに二軒くらいになること確定だが、今年はここまで!充分いい感じ。大人の飲み方(笑)

北山付き合ってくれてありがとう。ロボさん明後日よろしく。

次の日は昨年の反省を踏まえてあえて何も予定を入れず。休肝日とすることに。大人。棟方志功展でも行くかのぅ? ところで夜にはあのブージー クラクションのライブがあるのだ。これも不思議なんだけど(今回は不思議な縁がいくつもあった)俺が東京に行く週は必ずライブやってくれるんだよな。偶然にも。これって行かないと嘘じゃん。ところが俺、結構バビロンの人の多さで既にお腹いっぱいになってて(笑)

夕方、てきとーに吉祥寺に行って、ライブ行きたくなったら下北で降りようと。その時まで行くか行かないかは保留にしとこ。夕方になっても全然酒飲みたくない。でも飲んべえ根性の汚い俺。ここまで来たら飲みたくなくとも飲む。狂ってる。いせや、つーか、かっぱに行きたいな。あ、やっぱりもう満員ですね。いいつものホープ軒でも行って帰るか。。。めちゃくちゃ美味いわけでもないけど、優しい味。

そして井の頭線へ。自分は果たして下北で降りるのか?多分あのバンド、俺、観れるタイミングの時はもう長い間皆勤してる。二十年くらい? さ、どうする?昨年すっかり変わってしまった下北沢駅周辺にヤられた記憶がまだ鮮明。あ、あの、えっと、本多劇場はどっちでしょうか?本多劇場まで行けば勝負に持ち込める。そして俺は途方に暮れた。
また降りたら人多いんだろな。さ、どうする?あのバンド来年は札幌でやらないかもしれないぞ?そもそもいつまでもそんな気楽に動ける身体だと思うなよ。願ったり叶ったのこの偶然。神様はもう二度とこんなチャンスはくれません。さ、どうする?


ま、今回はいいかな(笑)


下北で降りない自分に驚いた。こんな圭吾はじめて見た(驚)老い?枯れ?いいと思います。元気なジジイって何かキモイじゃん。不自然。

俺は身体の声に素直になってその日はゆっくりと休むことに。ビバーク!カプセルなんだけどサウナがついてて。サウナって全然好きじゃないんだけど、流行ってるから、なんかいいんだろう? 入ってみるかな?

今から戻ってもまだライブには間に合う。そんなクラウドを頭に浮かべながらも、身体は勝手に恵比寿に向かう。

バビロン登頂も四合目といったところ。これからが本番です。

このタイミングでのビバークのつもりが、逆に大雨の中、外に立たされるような夜、バビロンの洗礼を受けることを俺はまだ知らない。



(つづく)






posted by Admin at 18:10 | General

2023年の野菜予約終了しました!

October 05, 2023

D2A0E172-8BDB-4539-82FD-FF4671B4DA18.jpeg
ロクゴウカイドウの入り口



2023年の野菜予約終了しました。

毎年のように予約して頂いている方々、応援の声を書いてくださる方々、感想など聞かせてくれた方々、ありがとうございました。多分今月中旬以降の発送になります。ニンジン待ちです。ぶっちゃけとても心配(笑)

とはいえ、しゃーない。

今年は自信満々だったのに、じゃがいも以外は不発でした。というか、全て完璧だった年って今までないな。どれかが良ければ、どれかが良くない。多分これプロ農家さんに聞いても同じこと言いそう。周りの農家さんも今年の玉ねぎは泣くぐらい小さいってボヤいてたし。暑ければいいってもんじゃないのだな。

加えて、これは言い訳だけど(笑)こんだけ季節感が変わってしまうと、作るものも変わってきちゃうわ。こないだ、北海道における稲作成功100年だか120年だか記念、細かい数字は忘れたけれど、そういう看板見かけて。

つまり、その前は北海道は寒すぎて米ができなかった。美味しい米ができるようになったのは品種改良したからなんだけど、それぐらい野菜や米ってそれぞれ上手く成長する気温のレンジって狭いのよ。

だから、近い将来、ここでこの自分の作っている赤い実のニンニクって作れなくなるかもね。


その時は、ゴーヤかパイナップル作るからいいや。

ま、とはいえ、今年の箱の中には今年の現状が詰まっております。いいものもあるし、しょっぱいものもある。だけど生き物なんだからそれが本当なんだよな。開き直るわけじゃないが。オラやることはやっただ!そこは言い切れる!みなさんはそこを楽しめる方々であるとハネモノ太郎は信じております。勝手に(笑)

あと今年も入る山下直樹氏のミックス。「裏切り」が氏の永遠のテーマだそうで、今年も思ってたのと全然違った(笑)実際、最初聞いたとき全くピンとこなくて(笑)

それは多分チーズだと思い込んで口にいれた豆腐のような、そんな状況だったんだと思います。

全くピンとこないまま、二回目また聴くと、今度は豆腐を豆腐として咀嚼できるように。すると全然聞こえ方が違ってきて。

こ、これは!

多分歴代のタイラザワムネガザワザワシナイミックスの中で一番ムネガザワザワシナイ。

なんだけど、オラ、全く聞いたことない類の曲ばかり。オールジャンル。今年もまた耳が広がった!広げて欲しいから山下さんに頼んでいるわけで、今回もオラ大満足。来年もよろしくお願いします。

山下さんのミックスって聞き飽きないんだよな。なんてったって氏も50回以上聞いて耐久テストしたあと送ってくれてるらしい(笑)聞けば聴くほどハマっていくミックスと言える。だからどうか最初ピンとこなくても聞き続けて。曲の繋ぎまで覚える頃には完全ハマってますから!

何回も聞ける。変な表現だけど、ちゃんと出汁をとって作ってる音楽だけが選ばれてるからだと思う。丁寧に出汁をとって作っている音楽、多分みんな、なんのこっちゃってなると思うけれど(笑)だからジャンルはバラバラでもそれぞれ音が上質に聞こえるのね。味に深みがある。音に艶がある。逆にコンビニとかで垂れ流されている旨味調味料で作られているような音楽を聴くと、偏見かもしれないが、すごくムネガザワザワするのね。雑な音で。

ラーメンと一緒だな。

究極は美味いラーメン屋で山下さんのミックスを聴く。どんぶりの中に自分の半生が映り出す。つまりもう死期が近いということ。これ以上はないよと(笑)

そんなわけでミックス方もみなさんお楽しみに。大事なこと言い忘れたが、今年のテーマは「切なさ」ですと!「切なさ」で殺してやるぐらいの勢いでチョイスしたそうです。

ネタバレだけど、はじまりはディアハンターのテーマから。

俺、そんなに映画見る方ではないけれど、あらゆる映画のあらゆるシーンで、前にも書いたけれど、ディアハンターのラストシーンが一番胸を撃ち抜かれたシーンなのね。切なすぎて。で、今年のテーマは「切なさ」って知って、流石だわ〜!ってションベンちびり太郎になったんだけど、氏のチョイス理由は「鹿」ってことだったらしい(笑)

ま、ここまで書いてるんだけど、俺、ディアハンターが最初分からなくて「北の国から」か何かだと思ったんだけどね(笑)

と、ま、諸々詰まって箱が届きますので、みなさんお楽しみに。


あとですね、今年もロボットエキスポ2023「AI時代における旧型ロボットの役割とは?」出店いたします。もとい、ロボ宙のお店OMIYAGEにて21、22日両日フリマで野菜売ることが決まりました。自分他にも色々とお友達が出します。暇で暇でしゃーないという方は是非。昨年そうだったけれど完全に呑み代稼ぎだね。いい歳こいて自由ですいません。詳しくはインスタで随時。アカウントはhanemonomo。昔作ったTシャツをまた復刻したり、オラが昔作った写真集を使ってイベントやってくれる奇特な方々が突如現れたり、今年の東京バビロン登頂記もかなり濃くなりそう。ま、黒ニンニク持参であんま呑みすぎないようにがんばるわ。









posted by Admin at 11:10 | General

うち畑すっきやねん 自家菜園のハードコア的考察

August 16, 2023

8781085C-6D05-42B4-BFB6-41A8BF3538FE.jpeg



この夏は暑かった。そう、もう完全に過去形です。


ちょっと前に東京から友達が来たのね。俺、そいつの前では絶対に弱音は吐きたくないつーか、ま、ひとつの遊びなんだけど、お互い弱音を吐いた時点で激しくツッコミ合うという。それはモトクロス通じてできた友達だからなんだな。とにかく負けたくないの。いつまでたっても(笑)


奴がきた週末。モイスチャーインズィエアーが北海道とは思えないくらい鬼で、当然暑かった。だけど「暑い」なんて口に出そうものなら、ニヤニヤしながら、


何言ってるんすかぁ?この暑さなんてパーカー欲しいくらいですよ。坂川さんもずいぶんションボリしちまったな〜とかなんとか、言ってくるのは目に見えてたのでありまして、ゆえに、俺、そいつの前ではつとめて凛としてた。スンとしてた。暑いなんて絶対に言わない。背中は真っ直ぐと。


ところが奴、なんか大人しいんだよね。昨晩飲みすぎたのかね?頃合いを見計らって軽くジャブ。東京はこんな暑さなんてもんじゃないでしょ?奴はその長い付き合いから、俺が〆にかかってきてることを分かっていたようだが、もう抵抗はしなかった。


いや〜なかなかですよ、ここも。その目に力はなく。


でも北海道の方が暑いってことはないよね?


んー同じくらいですよ。


横に居た奴の連れもそれに相槌していたから多分ほんとなんだな。


勝った!


違う(笑)


いや、それくらいここ北海道の夏もヤバかったってことで。


そのせいか、畑の野菜が爆獲れ。とくにトマトがすごい。美味い。こんなにトマトが美味く出来たことはないな。豆も瞬く間にぽんと出来た。ちょっと待って。全てが一瞬で。ほんとそんな感じで日々着いていけなくて。俺は九時には疲労困憊で口開けて寝落ち。


そんな激しい夏でした。


そんな中、じゃがいもはまた昨年と同じ病気が出て、肩落としかけたけど、なんとかなで肩ぐらいで留まりました。俺、元々なで肩だから全然無問題。ちょっ掘ったけどなかなかいい出来。畑ってさ、最近思うんだけど、俺の性に合ってる。一言で言うと地道。地道とは?


手堅いしかた。冒険や人目を引くような行動に出ず、着実に進む態度。


ほんとそんな感じでして、自分では自分のことクソつまんないあんぱい野郎だと思ってるんだけど、畑に冒険とか夢とか必要ないからさ。株間十センチにして今年は冒険しちゃお!とか(笑)自分のやったこと、かけた愛情がそのまま返ってくるだけ、だからそこに夢みたいなことも起こらないんだけど、そのソリッドな感じが好きなんだよね。


畑はハードコア。含みゼロの「本番」だけって感じ。ファンタジーは要らない。


こういうこといつも半分冗談みたいな感じで書いてるんですが、どこまで伝わってるのかなぁ?(笑)こういうことまで楽しんでくれる人に野菜食べてもらいたいですよなぁ。今のところたまにいただく声から察するにそれは出来ているんじゃないかって思ってますよ。半分冗談なんだけどさ、もちろん半分は本気(ガチ)だぜ。




夢も希望もないハネモノ菜園野菜予約はこちら。予約は九月末まで




巷で噂の新しい学校のリーダーズ。英語だとReders of the new schoolじゃん?えっ? ライブでビースティボーイズのコスプレやってたし、お父さんがHIPHOPファンでその影響?とか、そういう時代?(笑)



posted by Admin at 10:29 | General

2023年の予約を始めました!

July 23, 2023

B3AC4D37-3512-4EC5-8868-6331C1888E44.jpeg


C0275C37-9449-4E0F-ADDE-79E4FF32EFD7.jpeg



ニンニク掘った。


昨年感じたのはなんか根が弱っちいなってこと。色々試してその結果は出たと思う。今年はたくましい。そう思う。


ぼーぼー。


ただ、根は良かったんだけど、なんか大きいやつと小さいやつの差が大きくて。


ま、ほんと難しいです。一年とて、昨年と一緒、ってことない。まだまだ勉強です。


毎年、毎年、掘るたびに、ほぼ一年が経ったのがほんと信じることが出来なくて、キツネの嫁になった気分だぜ。だからあえて思い出すんです。これな、もう日が短くなっきた昨年の秋に、沈む夕日に急かされるようにして植えたやつなんよなぁ。それが一冬土の中に居て、あっという間にぼーぼー。


すごく説明しづらいんだけど、なんか誰かに騙されてる気分なんだわ。ほんと。


戯言。


大変遅れました。怠慢こいててすいません。


コッホン!暑いので手短にひとつ。ここに2023年度ハネモノ(モ)マーケットの野菜予約を宣言するものであります。


平たく言うと予約方法含めて昨年と変わりません。


あと今年はニンニク味噌があります。


まだまだ、じゃがいももニンジンも玉ねぎも上手く収穫できるかわかりませんが、できることは全てやります。それでもへんちくりんになっちゃったらごめんなさい。


玉ねぎが加わったことで、カレーの素材がコンプリート。ハネモノカレー。クセ強そう(笑)



この秋クセツヨカレーが食べたい方はこちら
ハネモノ(モ)マーケット野菜予約





ちょっと待って。俺を置きざりにしないで。俺のストーリー。







posted by Admin at 16:56 | General

宇宙人さんぼくたち美味しくないので来ないでください

July 01, 2023

5FCE9682-0038-4928-943B-68D67AA90C89.jpeg
この霧の真ん中に宇宙人が立ってたらと思うと、夜中に水を飲むとき、ドキドキして外を見ることが出来ない。俺、想像力豊かだから(笑)でもこないだ、ちょうど真ん中に鹿が立ってたらしいよ。周りに立てている柵が何も役にたっていないということですな。ムラが「鹿!殺すぞごらぁ!」脅したら、キャイ〜ン(実際そんな鳴き声)と言って柵の上を軽々と飛び越えていったそうです(笑)


3D141421-9003-499C-8191-8A05B4320372.jpeg
今年の我が菜園で一番最初に採れだしたのはおまめたち。FRESH!






北海道これから裸電球が寿命を終えるときに一瞬ピカッと眩く光る時の様な夏突入。瞬きしてたら終わります。だからがっつくんです。外で肉焼くんです。レモンサワー飲むんです。マスクから解放される久々の夏。


で、このまえ鼻くそほじりながら運転してたら、目の前を横切った車の親父も同じく鼻くそほじってた(笑)


なまら平和ファッキンなう!


コロナ前の景色に戻ったって感じ。コロナ禍で鮮明に浮き彫りになった事実はただひとつ。マスクをしてると鼻毛の伸びるスピードが桁違いになるということ。これは学術的に誰かハッキリさせた方が絶対にいい。鼻毛温室効果。


だからさ、マスクでアイメイクバッチリキメた美人のお姉さん見ても、どうせこの人もマスクの下は鼻毛伸ばし放題なんだろ?つて、勝手に鼻毛伸びてることにしてた(笑)


と、まぁ鼻毛のコンテンツ多めの当ブログではありますが、ほんとなかなか更新できず、忙しいとか言い訳はありますが、その理由はハッキリしてて、俺の中にあった「書きたい欲」がなくなってきちゃったんですよね。


よって更新ペースはかなり減速してますが、鼻毛伸びる限り止めるつもりもありませので、みなさん僕を見捨てないで(笑)


その点、前も書いたけれどインスタの手軽さ、いいね!(笑)


前回インスタやってるって書いておいて、アカウント名書くの忘れてた。hanemonomoでございやす。こんなアカウント他にないと思うでしょ?これが結構同じのがあるのよ!オラのはボンちゃんが舌出してるアイコン?ってゆーの?それです。前にも書いたとおり俺インスタ見ないからフォローもコメントも返せないけど、なんか、いいね!されるのは好きみたい(笑)俺の中の発見だった。なんだぁ、とっつあん、インスタなんて眼中にねぇみたいなフリして、やっぱ「いいね!」されたら嬉しいんじゃん(笑)素直になれよ、ジ・ブ・ン。


そんなわけでここが更新してない時もそちらで生存確認していることありますので、ひとつよろしく。


あと、野菜!これが重要!


今年も変わらずみなさんの元に届けるようにしますのでご安心を。ただもっと簡単な方法にします。メアドだけ載せて欲しい人メールください。みたいな。十月発送だから、ま、七月中に価格とか発表したらいいべ?十月に運賃値上げになるんだわ。だけどそのかわり野菜セット自体は、お値段据え置き玉ねぎ数玉増量って感じにしたいと思います。玉ねぎ今年作るの初めてだけど多分大丈夫だと思う。玉ねぎは味っていうよりも無農薬って意味の方がデカイです。玉ねぎはこまめな農薬散布を必要とする作物なので。


そしてミックスは今年も昨年同様に山下直樹氏にお願いすることも決定してます。


あと十月にはロボさん「omiyage」で店頭販売するつもり。ま、これは販売目的というよりも半分以上は飲み倒れ目的ね(笑)飲み代稼ぎのためのじゃがいも。そのじゃがいもも今年は今のところはほぼ順調。ちょいまた病気が心配されたけど多分大丈夫。今年こそ神芋。ま、病気だろうがへんちくりんだろうがいつだって本当は神芋なんだけどね。この世界に神が介在していない瞬間などあり得ないのだから。


おっと出ました!とっつあんお得意スピリチュアルフレーバー。ま、神の話題もイモイモにして。


話飛んで、こないだ俺がいつも書いてるバンド、ブージー クラクションのライブに行ったのね。五人で(笑)俺、東京でもタケイグッドマンとケニーを導いたから、俺って立派なインフルエンサーじゃん!つて(笑)結構営業の才能あるかもね。やらんけど。


で、最近、前も書いたけれど、歳をとってきたって否応なく感じるのね。衰えを感じるっことはまだそんなにないけど、ま、事実よ。で、例えばライブ見るのだってこれから見るライブの数の方が明らかに少ないじゃん? もしかしたら今回が最後かな?なんて脳裏に横切る。でもこのバイアス全然良くない。


寺に「死が生に無限の意味を与える」だかなんだか書いてあったけど、それは真なりと思うわけ。死があるからストーリーも生まれるんだけどさ。築き上げてきた俺の人生今熟成の季節を迎えていよいよフィナーレへ。的な。


だけどそれって妄想なんだよな。俺の人生は俺の頭の中にしかありません。あなたの人生はあなたの頭の中にしかありません。経歴?俺は人の経歴を見たことはありません。経歴とやらが書かれた紙なら見たことがあります。見たことも触れたこともないもの。それを妄想と呼ばずに何と呼ぶ?(笑)瞑想習慣が俺に教えてくれたこと。


だから言うのさ。ああ言うともさ。いや言わしてください。俺はもちジジイ。からこそぶっちぎりたい!つーか、ぶっちぎりたくなっきた。歳を取れば取るほどにこれからどんどんぺらっぺらになっていきたい。


ま、それでも深くなりがち。だって人間だもの。深い味わい。悪くない。でも深刻過ぎるのはイヤ〜よ。要はバランスな。


藤原新也先輩がまたカッコイイこと書いてらっしゃいました。






人生の終わりは定食でよろしい。





シビレル。










posted by Admin at 14:29 | General

静寂って何かね?

June 03, 2023

53347294-AB4F-4564-A4DF-200AFA4A8273.jpeg



とにかく、先月はずっと眠くて、眠くて、これは何かの病気じゃないかと。


職場から家まで三十分。帰りなんてその間に五回ぐらい車止めて仮眠してた。やる気が出ないわけじゃないんのだけど完全に何かおかしい。とにかく一日こなすのに精一杯で、ま、でも、春ってそういことってあるじゃないすか?


春っていきなり生命感溢れてくるから、花が咲いたり、虫が出てきたり、何かしらの匂いがしてきたり。あとここで顕著なのは春になると色々な音がし出す。


真冬は俺が外で立ちションするときの、じょじょじょって音しかこの世界に響いてないから。


だけどその静寂に逆に生命感を感じたりするのよ。なんつーの?芯からしーんって音が聞こえそうな漆黒。なんかそこから湧いてきている。豊かなものが。


それに比べると春は絵的には息吹き炸裂。息してる!謳ってる!踊ってる!


緑が花が小鳥が虫が。そういうものに人のエネルギーが摂られて眠くなるんだって、なんか前に人に聴いたことあるんだけど。なんかそういうのも違う気がする。


なんかそういうのって人の好きそうただのなストーリーな気がする。


だって冬も豊かだったから。


そんなことあれこれ考えてると。ヨシのブログに。


なるほど、眠くなるのは脳が酸欠なってるのか。。。。単純に(笑)たしかにそういう感じ。


じゃ、なんで今なの?ってことだけど、俺はこれはきっと加齢が原因じゃないかと結論づけた。


歳とるとなんでもいちいち難しく考えちゃうもんね!


逆に日々勢いだけで乗り切っているように見える職場のおばちゃんでさえそう言ってた。


タシカニ。


日々毎日変わらないルーティンでも脳の容量が減ってきているから、どんどんいっぱいいっぱいになっているのかな。そして眠くなる。そしてここで堂々と俺は年金繰上げで頂く漢宣言。枯れる前に。



枯れたのはニンニクの葉先。いきなり黄色くなった。これは一体!


眠い四月のはなしからニンニクのはなしへの繋ぎはちとトリッキー(笑)



枯れた葉先、そこで爺さん考えた。いやいや、まてまて。なんでも難しく考えない、考えない。


違うか(笑)


実は昨年からそういう感じあった。これ何が原因なのか見極めるのがすごく難しい。病気、水切れ、肥料切れ、もしくはミネラル不足とか。


ま、全体的に勢いがないとか深刻な感じではしてないから心配もあまりしてないが、色々ちょっと試しては、毎朝変化があったか、この台所の窓から見て畑をチェックして今の時期の一日が時はじまる。


7BDE9EA0-BDC8-44F1-A823-64528CDD3888.jpeg
どこにニンニクが見えているかわからんべ?


うーん。何やってもあまり変わらんな。


野菜作りに正解なんてない。アプローチは人様々。だから面白い!農家さんに実際色々聞いたって言うことなんてバラバラ。ほんとビックリするぐらい真逆のこと言われる時すらある(笑)YouTubeだったりネットには「野菜作りはこれだけやれば大丈夫!」的なサムネで溢れてますが。いやーそんなのありえないから!


例えば何か野菜に施してもなんとなくいいような(気がする)って感じ。米ぬか一杯入れると味のノリがいい(ような気がする)光合成菌を撒くと土がふっくらする(気がする)満月の夜にタネを月光にさらすとどうたらこうたら(な気がする)だとか(笑)


だけど、結局野菜作りって造り手の(気がする)の集大成でしかないんですよね。ラジコンと一緒で(笑)カーボンダンパーステーにしたらコーナーの入り口で頭(車の)の入りがよくなった(気がする)。そういう風にして車(マシン)をせっせとセットしていくと、それが人によって別物になるのね。個性が。そうなると我が子のようにマシンが可愛くなってくる(笑)だって絶対に自分と同じセットのマシンなんて存在してないって分かってるから。だから、俺、マシンも野菜もすごく可愛いよ(笑)


雨降ると野菜が途端にシャッキリしたり、あーじゃがいもの芽が出たね〜だとか、あれ?またあそこに鹿の足跡ない?あいつら殺す! な、かーちゃん!今すぐショットガン持ってこい!だとか。


だから俺、野菜作りのプロでもなんでもないですが、その(気がする)部分の厚み。自分だけの愛おしい我が子を作れてる自信はあります。うまい気がするポテト。今ならマックで十五円。


よくね、ニンニクを人にこれ植えてみたら?ってあげるんだけど、坂川さんの言う通りやっても坂川さんのみたく大きくならないって言われるんだよね。そういう時って冗談とも本気ともつかない感じでこういうのね。


そこに愛はあるんか!(下顎を若干出しながら)



B3133446-81DD-4C5C-B492-DE00FA1E9E12.jpeg



なんかいい季節になってきたよなぁ。


愛振る。







正解はないんだけど、俺にとってひろちゃんは割に正解率高し。





なんか前から薄々感じてんだけど俺、NENEが好きみたい(笑)










posted by Admin at 12:28 | General

2023年はじまります。みなさんおげんこしてましたか?

May 13, 2023

6C4BF0CF-3AD8-4AC9-8875-27FC58B32CDA.jpeg




抜けるような青い空、とはいかないまでも、そこそこの空。SO SO。そこに我が家の屋根の底抜けにバカな青さが加わって、人生なんてジョークなんだぜ?しかしだからこそ素晴らしい!と、この景色が謳ってる。と、思えなくもない(笑)


ほんとバカな青さだよな(笑)


そりゃオラだって、デザイナーの端くれだったもんで、この青はねぇわなって思ってた15年前は。だけど月日は経ち、ここでの暮らしですっかり抽象度上がっちゃったもんで(もちろん悪い意味で)


「え?何?色? 色なんてただの光の反射の仕方の違いだろ?おしゃれもクソもあるかよ」てなもんでして、今やこの青が気に入ってる次第であります。


みなさん、ご無沙汰しておりました。PLAINJAPおじさん、股の名をハネモノ(モ)太郎でございやす。ちーす。


長い冬が終わりました。


この冬どうだったかな?過ぎてみると全部忘れちゃう。なんかふつーの冬だったような。みなさんはどうでした?いやーなんかね、休んでる間にすっかり文章を書きたいっていう欲求がなくなっちゃって、文章つーか、表現ね。こんな俺、見てくださーい!ね。その欲求がすっぽり消えて亡くなっちゃいまして、ブログ、文章なんて書ける気しなかったんだけど、わりにスラスラ書けるじゃん!(笑)なんだ、ガッカリ。俺、違うステージに逝ったと思ったんだけど(笑)


その点、インスタはいいよね。実はこの冬、執拗にお願いされて(作家気取り)、インスタ始めたんですよ。生存確認的な(笑)あれ簡単でいい!でも始めたと言っても、俺、インスタ全然見ないから、ただただ上げてるだけ。だって別に人と繋がりたくないんだもん(笑)人が美味しいうどん食ったとか興味もないしさ。だけど、みんなこういうの見たら喜ぶんだろうな、とか考えるのは楽しいよね。率直に言うとSNSの意味は全くないんですが。自分の目の前のことで精一杯でありんす。


ただただ毎日同じで。そして春が来て。


本日じゃがいもを植えました。スペシャルズを畑に爆音流しながら。


気がついたんだけど、ツートンスカって農作業に最適だわ!テンポがいいじゃん!作業がはかどるんだよね。これがダブ、レゲエまでいっちゃうと、いやーまん、植えるのなんて明日いいじゃないすか、ってなるんですよ。モンキーマン合わせながら、下顎出しながら芋を置いていくの、自分しかいなかったんだけど、一人で笑ってた(笑)よくね、クラッシック聞かせながら熟成したスコッチだのいいますわな(味が良くなる根拠はあるらしいです)こちとらスペシャルズ聞かせながら育てたじゃがいもございやす(味が良くなる根拠は全くございやせん)



64401F10-2B33-4744-A072-61B9C1B1BDB1.jpeg



昨年病気になっちゃって、悔しい思いしたから、芋を掘り上げた瞬間から土作りを始めた。今年も雪解けからやれることはやった。これでダメだったらちんぽ切る!いててて〜。想像しただけで。。。ま、それぐらいの意気込みってことで、軽くカルセール宣言してからの植え付け。


なんかさ、もっと要領のいいやり方ってあると薄々思いつつも、あえてそこは突き詰めない。俺はオルタナ。


今年は玉ねぎも植えてみた。玉ねぎ、正直言うと食べきれないくらい周りから頂くんだけど、みんなオルタナオニオン食べてみたいべさ?(笑)俺も食べてみたい!


1C8A0E93-5ADA-4952-92A0-73E7CDC45FD1.jpeg


全然バエなくてごめんなさい(笑)


アスパラはややバエる?きゃわいいでしょ?


FD535CAB-B1B2-41F2-9F27-8AE094199005.jpeg


ま、そんなわけで今年ぼちぼち始めてまいります。いや、意外に結構書けたな。こりゃ大丈夫だ。ぶっちゃけね、もうブログはいいかな?って思ってたんですよ。野菜を買ってくれる人も固定化されてきてるし、毎年その方達に野菜がきちんと届けばそれでよくて。あとはその野菜見て、みなさん俺を思い浮かべてください的な。


ま、それも黒板吾郎が過ぎるってか!


そんなわけで、あちらで焼肉の準備ができたのでこの辺〜。今年も頑張りますぅ!よろしくお願いします!ハネモノ(モ)マーケットでした!






スペシャルズってこんなに良かったっけ?の一日。最高だわ。テリーホール亡くなっちゃったもんな。。。昔聴いてた時にはこの曲全然引っかかってなかったな。沁みる部位が変わってきてます歳とともに。







この冬は気がつけば事あるごとにこのSNEAKS聴いてた。なんと言うなればベースの弾き語り!静かな夜も。吹雪の夜も。別に猛烈に好きって感じではないんだけど、色々なジャンルがちょっとずつ混ざってる音。耳ざわりが好みなんだな、多分。今久々聴いたら一気に気分は冬に(笑)














posted by Admin at 11:13 | General

完全に登頂成功 ついにファイナル

November 11, 2022

4AA5DE81-D8E0-457F-829F-C38B97D2840C.jpeg

戻ったあとの我が家のパワースポット。向かって右側の周波数高め。



この東京バビロン山登頂日記、結構評判なんだよね(笑)いつになくみんなに面白いって言われますよ。そんな日記も本日が感動のファイナル。そして今年のplainjapブログも次回で来年の五月までお休みに入ります。


で、話はどこだっけ?ベロベロ代田橋の夜までですかね?あの夜は楽しかったな。帰りはベロベロ爺とベロベロロボ、そしてややシラフのミットくんに送ってもらいました。二人は自転車をこきこき押しながら。みんな五十歳をとっくに過ぎてるのに絵面は十五歳。アツいぜ!(笑)


0177FF6D-A840-445B-91A3-B1EF9E9B3593.jpeg
OYAKUSOKU


ここまでで八合目。そして次の日はいよいよ登頂の日。さてそこに待つ鬼たち。今晩は英気を養うことにしよう。ポケットに隠し持っていたぐちゃぐちゃの黒ニンニクを一欠片口に入れて寝た。明日は険しいぞ(笑)にしても、ロボさん、あんなベロベロで家に帰れたかな?


泊まったゲストハウスのオーナーはとてもいい感じの人。来年もここにしよう。


時間空いたから映画でも。今身内で話題(らしい)「NOPE」。これで一応世の中の最新のノリを感じようと。渋谷は駅前以外はあんまり変わってない。と感じました。だけど、実はこの爺さん、先日池袋で自分の荷物を入れたロッカーの場所が全くわからなくなるという大失態をやりまして(笑)池袋バカデカすぎ!なんだが、自分が歳とったなって思ったのが、俺、そんなことで結構うろたえた(笑)あれはなんだろ?これは絶対に見つけられないと思った。探せばどうにかなる問題じゃないと。これは若い時にあり得なかった現象だね。そうそう、おじいちゃんがこんな感じになってるの見たことある!の世界。背中に汗。ハッチャクくん、その時はお世辞になりました(泣)だから渋谷ではロッカーの場所をボイスメモ。初老の知恵さ。


映画「NOPE」全く前知識ないで見たのだが、ツボった瞬間、このコロナ禍にあるまじき、何回かリアルに噴いちゃった。


さ、暗くなったら鬼たちが集う雨の神楽坂だ!


6F9DB34D-3EC2-4AE1-B52D-6D7C16DEA86A.jpeg


君たちにはまだ小鳥のさえずりは聞こえるかい。ちゅんちゅん。とっつあん達、今もおのおの頑張ってますよ〜!よろしくお願いします!なんてったって、俺、みんなよりちょっと歳上ってだけで、25歳の頃から「爺さん」の看板背負ってきたからな。時代がやっと俺に追いついた(笑)K5ではなくてK5Gが俺のほんとの名。なにがほんとやねん。


にしても、今回バビロン視察するまで全く気が付かなかったことがあって。こう見ると俺って顔が黒いのな(笑)いや、黒いことは別にいいんですが、それについて全く自覚がなかった。むしろ夏のピーク時から比べて少々美白が入ってきていると思っておったので、こうやってみんなでで写真撮るじゃん?どれも俺だけいつも人一倍黒くてウケた(笑)人というのは並べて見ないとわからんもんですなぁ。オモロマンが横だからなお黒く見えます。


Gさん、俺、例えば手がいつも油で汚れているとか、顔が黒いとか、そういうヒトトナリがあるのって素敵だと思うよ。ってシャシャミンに言われたけど、あれって慰められてたんかなぁ。何せ自分で黒いって自覚が全くなかったから、唐突すぎて、何言ってるかさっぱりわからんかったわ(笑)


で、このとっつあん達、やっぱりすげーわ!ほんと鬼。もう座るないなやグイグイ入ってくる。この俺様としたことが、かなりディフェンシブなフォーメーションを取らずにはいられないという。でもおもしろいな〜。そうそうこれが本来の爺の姿。ツッコミの波の上を自由にサーフ。爺の全部を受け止めてくれる。のはずが。


気がついたら俺一言も喋ってなかった(爆笑)会話のスピードが早すぎて入っていけないのよ。あ、こいつ面白くないなって思われたらバッサリ次にいかれる。昔のかわなべくんのDJみたいに(笑)


でもわかりました。色々衰えてるなって感じた今回だったけど、トークのスキルも衰えてる(元々そんなスキルあったのかよという声もありますが)例えばさ、オモロいおはなし、ハイ、あります。オチあります。って時に、話をどっから始めるのかっていうセンスあるじゃん。最初から事細かく話してもいいんだけど、それだと聞く方がちょっとまどろっこしい。だけど前説明を省略し過ぎるとオチがオチきれない。いいところぱぱっと摘んでぱぱっと落とす。俺、そのセンスがまるでなくなってた(笑)何回かアタックしたんだけど、間が悪くて、「あ、こいつに話させてもあんま面白くねーわ」って感じで見限られ、後半は聞く一方よ。向かって右席のツッコミと左席のツッコミが俺の頭上で交差し、もはやボケすら要らない鬼ヶ島。わかったフリしてうんうん頷いてるだけだった。


わしゃ、うなずきトリオかい!(R45)


次の店で「Gさん、さっきの店で元気なかったね」って言われるぐらい。


すいません元気だけはあったみたいなんですけどぉ〜!(泣)


このまま泣きながら北海道に帰ってもよかったんだけど。次の店行くっていうから、ポケットから最後の一欠片の黒ニンニク出して再戦に臨む。こいつら相手じゃ本気にならないとさっさと烙印を押されちまうぜ。でもちょっと言い訳させて。俺さこの席すっごい酒をセーブしてたのよ。次の日ムラの実家に行くから、顔パンパンでモロ昨晩痛飲しましたっていうかんじは避けたかったのね。


がしかし、時計の針がテッペンを過ぎる頃にはもうそんなこと忘れちまったぜ。


爺はいつもの爺に。そういえばこの店、十五年前、俺がいよいよ北海道に帰るって時に、みんな集まってくれた店だわ。感慨深いな。十五年も経ってまだ同じようなメンツが集まれる、集まってくれるってありがたいし、幸せだわ。とくにうちらみたいなとっつあん連になると、一人欠け、二人欠け、って歳じゃんか。同じ感じで集まれるそのこと自体がほとんど弥生時代じゃなくて、ほとんど奇跡。ガラスの50代(笑)


だけど、こうやって奇跡みたいな瞬間でも、結局マックスに盛り上がる話題は、いつも薬師丸ひろ子の話題ってどうなのよ?(爆笑)とっつあん度合いもたいがいにしーや。でも、俺、実はスチャダラのおかげで本人に会えたことあるんだわ。


「その時にKちゃん言ってたもな。俺、ひろ子に会えたから東京はもう卒業さって」


言ってねーし!


いや、言ってたかも(笑)どっちにしてもしょーもな!だけど、爺は噛み締めておりました。この深夜の鬼くだらなさ。ここがバビロンの頂点だ。ついに山頂にたどり着いたなと。いや、よくも登り切った!そして俺はまだ立っている。もちあそこも。わはは。飲みまくった。仕上がった。今何時?四時?よし次どこ行く?俺、内心これ以上はヤバめだなって。お父上かたじけない。次に流れそうになったところで、もうそろそろにしようよ勢力が発生し胸撫で下ろす。とっつあん連と会う時は次の日何か予定入れてちゃダメだわ。勉強になります(笑)


2060EE71-21B1-4D2C-98CF-9AF474644A06.jpeg
深夜巣に帰る小鳥達。おのおのいい感じに仕上がっております。


この晩、ほんとはケニー宅におじゃまする予定だっんだけど、時間が時間なのでオモロマンの家にそのまま流れさして頂く。


4DEF3833-40E9-4B86-A0D7-64A0919D6C48.jpeg

翌朝、コロナ禍で覚えたというピアノを披露するオモロマン氏。曲はヘイジュード。


なんでも一曲弾けるようになるのに何ヶ月?いや一年って言ってたかな?シャシャミンってそんな根気のある奴だったっけ?全体的に肉付きも良くなってて、顔色いい。なんか、シャシャ、よかったな(泣)


ムラと待ち合わせるために吉祥寺に。我が青春の街って感じ(笑)俺、地元札幌よりもここの方がしっくりくるというか落ち着く。適度にいなたくて。吉祥寺はまだ吉祥寺でした。永遠に吉祥寺でいてください。まだ時間あるな。おっとよくない考えが浮かんじまった。聖地「いせや」ほんと、いやほんとに飲みたくなんかないんだけどさ、せっかく何年かぶりに来たんだから、お参りしないってわけにゃ行かんべさ(笑)頭どこからか「貴様、たいがいにせーよ」の声。だが無視。外の立ち飲みでビール一本だって!


ここでバビロン視察で二回目の驚きに遭遇。なんといせやが美味くなっとる!火のいれかたが絶妙になっとる!これはカトキチに教えてやらねば。煙に包まれ道路の向こう側が見えない。当然まだ真っ昼間。どころか午前中だったかも。店内満員。だから俺、朝から飲み屋がやってるのがふつーだっていう感覚が育ってしまった。意外にふつーじゃなかった(笑)多様性。いいよね都会は。いせやは。


カウンター真ん中から左あたり、ちょうど今自分が立ってるあたり。ここによく高田渡さん(だったと思うよ間違いなく)が立って酎ハイやってたな。それも誰よりも一番乗りな。浮かぶレモンスライス。ロボさんともよくこの場所で。その二人が二十年後に野菜とラップの融合「ベジラップ」を編み出すとは。タイムマシーンがあったなら、あたりに立ち込める煙に姿を隠し、立っている二人にこうささやくのさ。おまえらついにやったぜ。って。ま、2022年、世間ではこの革新性に全く気付いてないようだが。。。。


おっとムラから「着いたよー」メールが。ま、ビール一本ならバレないべ。ロンロンの中を通っていこう。ロンロン大好き。食材の種類が豊富。食べたい魚だらけ。有機ニンニクっていくらで売ってる?スイーツ?いらね。なんて思いながら通り抜けると。


ムラが立ってた。いつもの顔で。ほっこり。


ムラのお父上にぬかりなく挨拶し、つーか、歳的は俺が挨拶される立場でも全くおかしくはないのだが。とにかくほんと濃い一週間でした。


2542CF68-9B43-4CDE-957C-E5CF778D8C1B.jpeg

布団の上で突如始まったムラの高校時代の作品展覧会(笑)課題はルーペ一本持たされて、あとは自由ということだったらしい。高校生でコレはかなりイケてる。緻密さと見せ方がムラっぽい。ムラは俺なんかよりよほど才能あるんだよなぁ。今も。全てにおいて(笑)


駅前の志村けんの銅像にご挨拶して帰路に。


ロボさんのお店がある限りはまた行こう。これから冬はウチらずっと禅寺の坊さんみたいな暮らしだからね。その前に、和田アキコが年一でラスベガスで散財するみたいな感じで。いいと思います。


さぁさぁ、ウチで猫どもが待ってるぜ。



1B85F5AE-D9F3-4817-ABD8-96BED51DB89C.jpeg

なまらしょっぱ!うん、俺、帰ってきた(笑)千歳で札幌ラーメンではなく旭川ラーメンにいくところに自分の変化を感じる。どうでもいい変化ではあるが。




AF177556-7DB0-4CB7-91E4-83EEFBB6414B.jpeg
東京を出て三時間後にはこの景色。夕張のあたり。




BA06D3F2-838C-42EC-BD3D-EDFF1E686328.jpeg
仕事でテンパってもこれ見てカームダウン。




ギンしゃーん、ボンチ、お父さん帰ってきたよ〜。扉をウキウキで開けると、たったの一週間で俺が誰なのかわからなくなってたらしく、テーブルの下からなかなか出てこなかった。


ファック(笑)






次回今年の最終回です。






最後も山下さんのミックスから。何?この曲のすごい展開。それに加えてギターがミックジョーンズでベースがポールシムノンでしょ?度肝抜かれたね。あとミックジョーンズがストラト弾いてたってのにも。ちなみにこれと若干アレンジが違うことに気がついたかな?ミックスに入ってるのはアナログのシングルなんです.。壮大なるバビロン登頂記の終わりにふさわしい壮大な曲です(笑)








posted by Admin at 18:14 | General

完全に登頂成功 その3

November 02, 2022

661BC1F5-3A3D-4EA1-B87D-DEB94B65F31F.jpeg


依然かせき強め(笑)


いやーこの爺の秋の東京バビロン登頂記も第三回になってしまい、オラもその記憶と興奮が薄れてきてしまいそうなので、とっとと書いちゃう!なんてったって、今回の主な目的は野菜をロボさんのお店OMIYAGEの店頭に置くということなのでありまして、ただただ痛飲しに行ったわけじゃないんだよね(笑)


と、書いたところでさっそく話の筋から外れたところから始めるけれど、前日ライブが下北沢だったのね。北口の方に出ちゃって、もう全然変わってて全くわかんなくなってた(笑)ココハドコデスカ?遊歩道の意味がわかりません。だけど現代人であればささっとスマホで動じることなく目的地に行けるわけじゃん?俺、もうそっから遅れちゃってるからさ(笑)えっ?なんで音声ナビと矢印の方向が違ってるの?どっち信じればいいの?とかさ(笑)


三年前や五年前に感じなかった感覚。嗚呼、俺、もうギリで世の中に引っかかってないな。もちろん世の中の先端であったり中心である必要はないんだけれど、もうちょい頑張ってギリ引っかかってないとさ。新しいことや知らないことに対する頭の体力ってのかな?それがちょっと落ちて来てるなって感じましたよ。これも同じルーティンで暮らせちゃうここの弊害。だと俺は思う。


爺は頑張る!もうちょっと。


ま、自然の中で暮らしてる方が気持ちはいいんですけどね。だけど、都会の人は、広い大空とおいしい空気に囲まれて、田舎の人はのんびりとニコニコしながら暮らしてると思ってるでしょ?俺、仕事で隅々まで人を見る機会があるけれど、実際はそうでもないよ(笑)むしろ逆。都会の人の方が体力あるし、イキイキしてる人が多いなって感じてる。やっぱり都市生活は日々切磋琢磨せざる得ないってことなんだと思うけど、やっぱり動物として若干ストレスがある方が、生体機能にとってもいい。と言うのが俺の持論。ま、なんつーか、結局その人次第だな。真っ青な空の下、死んだ魚の目をしても暮らせるし、ドブ川の横で天使の目をしながらも暮らせるってことですよ。人間ってのは。


いやーまた関係ないこと書いちゃった。長文警報だべさ(笑)


で、そうそう、ライブの後、TGの家に泊めてもらって武井家全員と再会。いやーこの家いつ来てもいいバイブスてんこ盛りだわ〜。で、オラ、今回のバビロン視察で一番驚いたことがあって。ヨシの長男くん、ナンバーガールが好きなんだってさ。ヨッ!ハナシアウ〜。特に詞が好きなんだと!じゃ、コアなロックファンかと言うとそうではなくて、自身はハイパーポップという、爺もよく分からんが、完全に新しい音楽の形態にどっぷりハマってて、つまり完全にジャンルレス、タイムレス、国境レスで同じテーブルに全部載せちゃう世代なんだよね。なんか爺までウキウキするその新しいセンス。で、金髪で英語ペラペラ、武道もたしなむって。どんだけ〜!(笑)流石はバビロンZって感じ。

で、いよいよ話は次の日。秋のOMIYAGE収穫祭までやってまいりました。


C5161753-47F4-473A-938D-72D5E42F37EC.jpeg


東京で見る我が子たちはいつもよりビジュアルの圧強め(笑)に感じる。ワイルドだお。テキトーって書いたのは計りを持っていくのめんどいから、スーパーで大体1キロはこんな感じって見て、その記憶頼りという(笑)


とうとうキタね。爺はずっとこういうことがやりたかったし、やってきた。野菜と写真、野菜とイラスト、野菜とミックス、のひとつの完成形かな。野菜とロボット。合わせると、また違うストーリーが生まれると言うか。えっ?全然わかりませんけど〜?って? ネバーマインド ザ ボロックス。おめぇなんか知らねぇよ!(笑)かつての、ラップとデザインという二人の作品のコラボは、二十年後、お店と野菜という華麗な進化を遂げた(笑)これもまたストーリー。ライフストーリー。


わざわざ集まってきてくれた人たち、友達、本当にありがとうございました!爺は幸せ者でございやす。その人たちと顔見て会話して野菜を包む。最高に楽しかったね。自分の愛情全て注いだ野菜が友達の口に入ること。もちろん最高!だけどもっと最高なのは、ただ通りがかったおばあちゃんとか。あら?じゃがいも?なんかよくわからないお店だけど、ちょうど切れてるから買っていこうかしら?的な展開。OMIYAGEは八百屋ではないし、俺が何者かも分からない状況で、手にしてくれた人たち(多くはないが)俺の裏の菜園で育てたごくわずかな野菜が、赤の他人の世田谷のおばあちゃんの口に入るってちょっとした奇跡だと思うんだよね(笑)そこはそそらずにはいられない。


で、おばあちゃん、いや〜あの得体の知れないじゃがいも、なんだか美味しかったわ〜、だけど普段お野菜置いてないみたいだし、また食べたいわ〜。なんつて一年悶々としてて、来年たまたま野菜売りに遭遇なぞしてごらんなさい!あっ!あの幻のじゃがいもだわ!って、小躍りしながら向かってくるわけじゃない。それもストーリーじゃん。


以上、爺の妄想でした(笑)Kちゃん、三ヶ月に一回ぐらいで来たらいいじゃん!なんて言われたけど。


こらこら、オラは二毛作じゃないど!(百姓ギャグ)


黒ニンニクも大変好評でございました。フリーでみんなに食わせまくったった!DAUのミットくん(一緒に収穫祭に参加していた人)のお墨付きを頂きました。この人は昔、自然食品系?のお店の野菜売り場担当で、それに加えて黒ニンニクは自分で買ってたり、自分で作ったりしてると言ってたけど、ミットくん曰く、Kちゃんの黒ニンニクすごいよ。ものすごくシャッキリする。自分で作ってもああはならない。こう言ってるミットくんの瞳孔が完全に開いてたからな(笑)多分この人はお世辞言ってるんじゃないなと。自信になりました。


持っていった我が子たちは無事に全員引き取られ完売。そのために何人かにはごめんなさいしたけれど、こういうのは少なめだからいいの。たまにやるからいいのよ。だけどね、野菜の代金、きっちり飛行機代になりました。来年もよろしく。あと山下さんのミックス、OMIYAGEに若干置いてありますので、聞きたい方は是非。最高です。


その夜の代田橋もアツカッタ!ホーミーがどこからともなくわんさか湧いてきて、また爺さん痛飲しちゃった。どんだけ呑むんや!


F165637E-4B13-4C9D-B5C6-F669F5D907B0.jpeg


人間飲むとやることに勢い出るじゃん?またまた、俺、勢い出ちゃって、ロボさんの隣の本屋さんに藤原新也の「東京漂流」置いてあったのね。誰かに読んでほしくて、それ買って、誰でもよかったんだけれど、目に入った金髪の青年にあげたの。全然知らない人。はいあげるって。俺のバイブルって。勢いあるよね。青年キョトン。


爺が若い頃、なんかいつも悶々としてたというかイライラしてたというか。パンク的に書くとFUCK SOCIETY的な(笑)日本社会ってさ、大きな声じゃ言えないけど、ペラッペラじゃん?でもその感覚、人に話しても通じるとも思えないし、ましてやその頃は、まだあのクソダサいバブルの残り香がまだありまして、そんなこと眉間にシワ寄せて言う空気じゃなかった。俺、病気なんじゃないかって思ってたよ。なんで俺だけ楽しくないんだろって(多分周りには楽しそうに見えてたと思うし、楽しい瞬間ももちろんあった)そんな時にたまたまこの本読んで。ひとことで言うとすごく救われたんだよね。あ、俺、イライラしてていいんだ。イライラしてていいだお!そういうスピリチュアル的なことじゃなくて(笑)この社会にはイライラして当然な素地があるって、ものすごくわかりやすく書いてあったのよ。だからほんと自分にとってのバイブルなんですよ。


あの本、あの青年読んでくれたかな。多分読んでないな。厚いしな。


ところがSOOさんのところに連絡きたらしく。


東京漂流面白いです!

僕が思うフラストレーションやモヤモヤが見事に言語化されています!

久々に良いものに出会えました。

すーさんとK5さんに感謝です!


ですと!完璧!願わくば、すーさんとK5さんっていう順序じゃなくて、K5さんとすーさんっていう順序だったら尚完璧でした(笑) 


代田橋楽しかった!井の頭線じゃなかったんだね。勘違いしてた(笑)


えーっ!ここまで書いてまだ登頂出来てない!次回こそ登頂します。


つづく(泣)





今回のミックスで好きな曲いくつも出来たけど一番最初に引っかかったのはこの曲だな。動画探したらこのライブ。何コレ?めちゃくちゃかっこいいやないけ!





posted by Admin at 15:10 | General

完全に登頂成功 その2

October 27, 2022

1F7F09FC-FED7-48EE-94E6-E249542333FC.jpeg



E838C67D-4841-486A-8B7D-4BEF38BB5EF4.jpeg





どんな写真も、かせくん(かせきさいだぁ)を一人入れることによって画角が映える(笑)


で、そうだ。飲み散らかした次の日から続きはスタート。


昨晩のお酒は大変美味しゅうございました。あれだけ飲んでも、意外にあの死にたくなるような二日酔いにはならなかった。ものの、身体がやたら重い。ま、当然であります。


あ、そうそうこれ書いてる時点で入った情報によると、あの入れてくれなかった居酒屋は厳しいことで有名な店なんですと。俺、世の中にはそういう店があってもいいと思う。なんでもシラフじゃないと入れないらしいんだよ。今度はシラフ、顔にドーラン塗って、本気度見せて攻める。


話戻して。


この日もまた藪そばからスタートするんですね(笑)背中の荷物がやたらと重い。重さは全く変わってないのに。七キロないはず。おじいちゃんってこんな感じなのかな。一晩でおじいちゃんにしてしまう酒とはほんと恐ろしい(笑)食べれる気配もないのにまた足が向かってしまうのは、東京に住んでた時はわざわざ電車乗り継いで行ってたところだからさ。徒歩で行ける環境にあるのに行かないっていう選択なんかないわけ。そりゃがっつくさ!がっつくともよ!がっつかないでどうするよ?

席の隣の網のポークパイが似合う洒落たとっつあん、朝から蕎麦屋でビールからはじめて機嫌さ。普段なら見るだけで小躍りしそうなその光景。しかし、俺はビールを見たくなかった(笑)ビール瓶がなるだけ視界に入らないようにしながら、いつもより味気ないそばを食らう。


全然胃に入っていきません(笑)


ヤバい残しそうだ。ダメ、それは絶対にやっちゃいけないこと。つうか、そばを残したことなんて、どんな大盛りが出てこようが生まれて一度もないよ。屈辱。


とか、思ってたら食っちゃった(笑)


「天ぷらそば、そば少なめで」


となりのとっつあん、どこまでカッコいいんだ。。。いやーほんと俺って田舎者だな。「少なめ」がやけにオシャレに聞こえた浅草の朝でございやした。


午後からは、ミックス作ってくれた山下さんと、タコスでも食べながら会おうよってことだったんだけど、カウンター座って、メニューにあるタコスの写真みた瞬間。


ごめんなさい。無理です。絶対に無理(笑)


お冷が出てくる前に速攻退散し、ぶらぶらと公園でと二人で蚊にがっつり刺されながらおしゃべり。まだ打診してないけど、今年面白かったから、また来年も山下さんに頼もうと思ってますよ。間違いなく、山下さんはこんな感じでしょ?っいうところは、また裏切ってくれると思うので。


と、こんな風に事細かに書いてたらキリないのでハショるぞ! 


と、書いたものの、ハショりようのないぐらい濃かったんだよな(笑)その夜は、オラが幾度も書いてるブージー クラクションのライブだったんですね。三年前も五年前もたまたま東京に居るタイミングでライブがあって、今回も全然根拠なく、見れるつもりだったのね。ところが全然ライブが滞在日程に入らなくて諦めかけた二週間ぐらい前だったかな?突如発表になった。な?キタキタ!


このバンド、どうしてこうも好きなのか俺もよくわからない。例えるなら、どうしても通ってしまう近所の定食屋。なんか特別ってことはないんだけどしっくりくる店。その魅力って人に説明できる?だけど俺は説明のつかないことの方が「本当のこと」だと思ってるし大事だと思うのね。逆にメロがエモいとか、簡単に説明ついちゃうこと、抽象度の低いことって本当のことじゃないんだよ。


表現者としてその位置を手に入れたってすごいことだと思うのね。手に入れようとして手に入るものじゃないからさ。才能なんかとっくに超えた部分。近所の定食屋の代わりはないし、真似は誰にもできないもの。


今回、その定食屋(バンドに失礼)にヨシ(タケイグッドマン)とケニーも行きたいって言い出して(笑)えっ?ふつーの定食屋だけど?自分にとっては不思議な感じ。ライブハウスって基本いつも一人だから。三年ぶりに見るからめちゃくちゃ楽しみだったものの、身体が漬物石のように重く、たくあんのような立ち姿で、立ってるのが精一杯さ(笑)


で、ブージー クラクション、やったら演奏上手くなってた。いきなり抽象度低い感想でごめんなさい(笑)客層もいい意味で入れ替わったな。おじちゃんは君らがちんげ(まんげ)が生えてない頃からこのバンド見てるんだぞ、ウソだけど。ヨシもケニーも楽しんでおられたご様子。ヨシは通う理由がわかったとも。


その晩はそのままヨシの家に。


今回の東京話、ロボさんのお店でのことが本丸なんだけど、全然そこまで辿りつかない。


登山もまだ六合目と言ったところ。衝撃の登頂は次回!


つづく(笑)




今回のミックスに入ってたこの曲、ストラングラーズのカバーなんだとさ!全然知らんかった。今回山下さんにひとつだけリクエストがあって、それは秋めでよろしくお願いしますってことだったんだけど、この曲こういうことだったのか!流石。











posted by Admin at 11:42 | General

完全に登頂成功 その1

October 21, 2022

839D7861-D74B-48DF-88A2-CED3E8355220.jpeg



「なんでSOLD OUTだけ英語?」


そうそうそうこなくっちゃ。こっちはそこでボケてるつもりなのだから、そうツッコんでくれなくちゃ。


北海道じゃ、いくらボケてもボケてることに気付かれない(笑)


ま、いいんだけど。


自分のボケに溺れて死ぬ時が多々あるからな。溺死しないですんだ。ありがとう。どころか、こっちがボケてるつもりもないのにツッコんでくる鬼達の住む街、東京に一週間逝ってました。


もうどっから話していいのやらって感じで。毎晩が登山だった。そしてオラ無事に登頂することが出来たんだ。


おっかぁ。


もうね、鼻の頭が赤くない時は一瞬たりとしてなかったね。完全に狂ってる現在進行形。つまりまだ狂えるってこと(笑)


飛行機から降りて二時間後には電気ブラン呑んでた。生きててごめんなさい。まずそこが狂いの始まり。飛行機って便利だよね。だけど遠くに来たという実感がまるで湧かなくて、ヨシとハッチャクくん(地元が浅草)を目の前にしても、全然こころが着地してないのよ。


そこにガンガンアルコールを流し込む。と。目はトロ〜んとなり、鼻は赤くなり。ぽわーん。


爺は着地しました(笑)


そこからはハッチャクくんにアテンドしてもらって夜の浅草をグルグルと。


A6EC5DBF-5BA0-4612-A9DC-7D70EC04171E.jpeg
浅草 染太郎


23101F46-2B92-4F37-B26B-0829CDFD62A5.jpeg


この夜が今回の旅を登頂に例えるなら0.5合目。


055ABBED-D13E-4B34-853E-E5AB0A3259D8.jpeg
なめとんのか?


次の日が酷かった(笑)多分この日がある意味今回の登山の山場になることは予想できたので、ホテルから速攻で浅草の藪そばに直行。沁みた。ザルを二枚胃に入れて下地を作ってからの。


A9F5B0B2-C433-4992-889F-D3355C6FC5BD.jpeg


と、きて。


65FFE062-DB54-45DC-880D-48D52E107E49.jpeg


と、きて。当然、こうなる。


見よ!この満面の笑み!(爆笑)






2304D20D-C0F3-4183-9CE7-8E9E5B1FEF58.jpeg




誰だよ?このとっつあん。わりぃか!この俺だよ!(笑)この店めちゃくちゃ美味かった!多分今まで食べた焼き鳥の中で三本指に入るかも。で、この値段な。ケニー王子は高くて美味いものは、もはや食い飽きて、安ければ安いほどそそるという、ある意味庶民感覚の遊びにハマってて、今回はとにかくどこの店も安かった。そういうところ掘り出すと、もう元には戻れないんだよ。漢が本物になる瞬間さ。もつやき食ってこころはいつでもビンビン。


こんな感じで上野から始まった下町ツアーは、最終的には八件目の浅草のフッドが集うクラブで、テキーラのショットをガチ込みながら、初対面の人と抱き合ってた。という、俺的にはアルアルしかし一般的には完全に狂った結末を迎えるわけなのであります。をの模様をダイジェストで(笑)


D839C8CB-1936-4DB7-B7ED-94B7A05A3E1B.jpeg



2CD90B81-61A3-4623-A927-965FA0130371.jpeg


4BE424E7-1B02-4BE2-8C0C-1C9C634F85E0.jpeg


7333665C-B519-482B-8943-41E77287C427.jpeg


8CF43CFB-6EDD-4907-85AE-C3A3FAF42F33.jpeg



D1887B78-362E-42C6-AAEC-C60DDC9B1C62.jpeg



どんどん路地裏に入っていく。そこで今回の旅で個人的には一番だったお店に巡り会えた。そういうところってカメラバシャバシャって雰囲気じゃないんだよね。なんか目で殺されそう。だけどSOOさんが撮ってたみたいで、やっぱ女は強い。ここの記録が残っててよかった。もうここらからみんな記憶が曖昧になってきてて。


ABB1F8A0-6082-4939-A4B5-720D6656469D.jpeg


2D9E042F-099B-41C8-BB19-5D537615E626.jpeg



こにの店さ、もつ煮込み、一串五十円だったよ。それもめちゃくちゃ美味いのよ!ハッチャクくん曰く、下町の店って、とりあえず、カマしてくるらしい。確かに「いらっしゃいませ」とか一言も言われないしね。写ってないけど隣のお兄さん達もカマしてたなぁ、言われてみれば。ここは俺らのテリトリー、であんたはどれくらいの漢なの?的な。それで、みんなアウェイ感を感じてたらしいけど、俺、全然感じてなかった(笑)ハッチャクくん曰く、俺は「下町顔」らしいです。要は下町となじみがいいんだね。この顔面はのんべぇにとっては最強の武器だよね(笑)


まだまだ


C45FE4DA-386F-453E-95FA-BEF33817E2B8.jpeg


このお店が凄かった!全然席が空いてるのに断られたってことで、下町顔のKちゃんが一人でフッドのフリしてさらっと入ったら入れてくれるんじゃない?ってことで、俺、特攻したのよ。


ガラリと扉を開けた。すっごい中は広くて、酒蔵みたいな感じですごく素敵。コの字型のカウンターにチョンチョンと人が呑んでるんだけど、みんな背中に定規入ってるがごとく、真っ直ぐ伸びてて(笑)店内は完全に無音でさ。


あ、あの一人なんですけど、入れ、ませんよね?(もはやこの時点でふき出したいのを堪えている)


だってカウンターの真ん中に、岩石みたいな顔のオヤジが一言も口を開くことなく、こちらを睨んでおる。


俺は七秒前に開けた扉をそのまま閉じた。


俺はまだこのお店には早かったようだ(笑)でもすごい店。いつか行きたい。もっと下町顔になって。



60407526-C269-4FB2-974F-7DC42C9B214D.jpeg


25478105-7958-4406-A202-F7013C6CD7B9.jpeg


こにお店は一見老舗で、実際老舗なんだけど、ちょっとサイケが入ってて、好みつーか、流石にTOKYOって感じでした。


04FF0454-8568-4BE1-881B-8181F1BEE229.jpeg


段々とやることが酔っ払いノリに。


982AC426-0A06-4FD9-999B-8FFB757FFCA9.jpeg


そして浅草につきました。みんな結構歩いたな。

E9912D39-8BF0-4340-B5BD-19B76DCDFBD6.jpeg


B8C5C82D-42EF-403E-BC2C-8DB8BDDDE538.jpeg


ここで今回のツアー立案者である浅草フッドのアキラくんが合流し、サッカーのメンバーチェンジよろしく、ベロベロの中にいきのいいフレッシュが入ったってことで、俺とケニーとアキラくんはもう二軒行くのだが、他のみんなはここで解散。


ロボさん、明日福島でライブなのによく付き合ってくれました。ありがとう。


このあと、最初に書いたように、アキラくんに連れられたイベントで、何十年かぶりにテキーラのショット(笑)露出度の高いおねーさんに勧められて調子に乗っちゃった(笑)ちょいと馴染みのある時代のHIPHOPがガンガンにかかってて。上野、鶯谷、三ノ輪、浅草とストリートスライドしてきたこの日は、かなりシュールな幕引きに。


Kちゃん、もうキリないから、そろそろ帰ろうよ。


なんか、俺、勝ったって感じ(笑)


これでやっと三合目。


つづく。







アキラくんに連れられて最後から二番目に行ったのがこの店。「あ、これ実録CQに出てた店だ!」つて。俺、今回、実録CQを見てTOKYOを予習してたんだよね(笑)






posted by Admin at 19:10 | General