完全に堪忍袋の尾が切れた男として

November 28, 2021

365AA50A-2531-4D98-83CD-035897D697CC.jpeg



8607F4A1-E981-4458-9BC7-BA7219D5C7F6.jpeg



C7419006-2B5B-417D-B61B-FF85DE078DD2.jpeg



F330F9FC-06F1-41E5-9B29-158B4C360D00.jpeg



93A877C3-E0B0-4A93-B6F1-BE5C164F59A5.jpeg



BD548963-582C-4410-A852-9600BD65299C.jpeg





黒猫供もうどっちがどっちかわからんくらいの大きさに。


暗闇では両者の特徴的な違いであるシッポまさぐり判別。ボンちゃんって何しても絶対に怒らないのよ。怒りという感情が欠損してる(笑)だから夜中に寝ぼけたまま、ボンちゃんだと思って、ギンちゃんに間違えたことをすると血を見る。ほへ〜。


落葉の葉もほとんど落ち、落葉ではないキノコが鉢に出現し、雪が降り秋が完全に終了です。


途端にしっくりくる。ホッとする。のはなんで?って毎年思うけど。雪って言うなれば「強制終了」だから、自分の中に常にある「何かしなくちゃならない」って思考のクセが静まるからなんだな。俺はもう何もしねぇよ、このブログも春までお休みだ。


少しづつ時間ができてきたから、ちょいちょい見たかった映画なんか見てるけど、NETFLIXのマルコムXのやつオモロいね。翻訳のニュアンスが正しいかはわからないけど、ツボだった箇所、彼は自分のことを「堪忍袋の緒が切れた男だ」って言ってたところ。つか、頭にきすぎて、自分で切って食っちまったぐらいの勢いのある男。日本人もそろそろ緒を切っちまった方がいいんでないの?なんでも亀戸にそれを食わすホルモン屋があるんだとか。


カンニンブクロノヲ 370円


アベのペテン政治の中で、俺はとっくに切っちまったぜ。薪ストーブでチョリチョリに焼いて食っちまったぜ。あ〜ちょいなちょいな。俺の左腕には今も倉庫で山積みになっているアベノマスクの数がカミソリで刻まれている。ウソ。つるつる。


最近イラっとしたホルモンストーリーを厳選。


まずひとつめの部位。


晩酌終わって、もう寝るかな〜ってときに、おちょこの中にお酒がちびっと残ってるのを発見した。


おっ!もったいな!


つて、ゴクッと口に放り込むと、なんかのくそ、ズバリ鼻くそ、のような、有機物感のあるものが口に入った。したらそれは、ムラのピアスというか、穴が塞がらないように針がついたやつあんじゃん?あれ。


もちろん危ないっていうのもあったけど、おちょこに平気でピアス入れちゃえるっていうそのセンス、消えちまった美徳。なんでそれがダメなのか明確には説明できない。けど、これはないわ〜。人生散々うんこ漏らしてきている俺が言うのもなんなんだけど、ついにホルモン焼いた(堪忍袋の緒が切れそれ食べた)寝る前まで見てた任侠映画の影響をモロにうけながら。


てめぇざけてんじゃねぇずお!(おまえさんふざけてるんじゃにゃいよ)


ところがやっこさん、俺のその罵声をガン無視で猫と話してるのよ。


ボンボン、まためやにが出てるよ〜、いま拭いてあげる〜ニャンニャン。とかなんとか。


こいつやけにたくましくなっタナ。


あともうひとつの部位。それはこないだの特定健診。


提出する問診票の俺の分をムラが書いてくれた。ちらっと見たらさ、質問で「おなたは同じような年齢の人と比べて歩くスピードは?」みたいな質問。遅い、普通、早いの中から選ぶんだけど、なにをあろうか「遅い」のところに○がしてあったのよ(笑)札幌行ってもさ、ポールタウンで俺ぐらいさっさと歩く奴居ないよ、たぶん


貴様、おれのどごみでいってるじゃごらお?(一体俺のどこ見て遅いって判断したの?)


実際俺のことなんて全然見てないのな。「普通」ならわかるけど百歩譲っても「遅い」はないわ〜!」って猛烈に抗議した。で、その理由を聞いたら、アレ?遅くなかったっけ?だと(笑)


マジテキトー。


永遠の愛を誓い合ったばかりのそこも新婚さん。夫婦なんてお互いさっぱり興味がなくなってやっとそこがスタート地点、修行のはじまり(笑)ダゾ。


そんなわけでホルモンエピソード満載のこの「富良野で野菜を作りながら猫と暮らす仮面夫婦のブログ」配達業務に専念するために春までお休みとします。ウソ。おっちゃん、ラジコンとちんこいじくるだけの冬にしたいねん(あほやのー)


とか、悠長なこと言ってるとあっという間に春だもな。


このブログ見ている人たち大体同じくらいの年齢だと思うけど、特にこの五年くらい、時間の経つそのスピードの速さ、怖さ。どうしてくれましょう。じゃないすか?人生は瞬きの速さで。俺はあと何皿ホルモンが食べられるのだろう?それを想像すると浮き足立ち、食べ残した部位があるんじゃないかと切なくなり、食べログなんかを掘りまくっても、逆にもうそんなに時間がないからこそ、今、目の前のホルモンを精一杯美味しく頂く。それ以上のことはできない。誰にも。


吾唯知足。


そんなわけでみなさん来年四月までご機嫌よう。ボンちゃん、それまでにどれくらい大きくなってるかな?みなさんに新鮮なホルモンと毎日大きなうんこが訪れますように!


これからレモンサワー買いに行きますぅ。今宵はムラのカンニンブクロノヲで一杯。







物語は夢の中 人生は夢の中 上ホルモンも夢の中 すげぇ好物な音の感じ





posted by Admin at 13:34 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it