完全にコンバットロック

May 15, 2021

0BADA2AD-A4CD-4D1F-8D00-7616D17A1062.jpeg



北海道にも緊急事態宣言が出ました。



大昔のロッキンオンのザ クラッシュについての投稿で当時俺がすごく感銘した投稿があった。これは前にも書いたけど。もう一度描きます。それは確かこんな書き出しではじまる。



例えば戦場で追い詰められた部隊があったとして、そこに二つのタイプの指揮官が居たとする。まず一つ目のタイプはオトリになる少数の兵を瞬時に選び出し、そのオトリ兵を見殺しにしてでも残り大多数の兵を逃すことのできる指揮官。



もう一つのタイプはいつまでたっても見殺しとなるオトリにする兵を選ぶことが出来ずに、最終的には死ななくてよかった大多数の兵まで無駄死にさせてしまう。そして自分自身もそれを苦に死んでしまう。



どちらが指揮官として有能であるかは言うまでもなく。



ザ クラッシュのジョーストラマーは多分間違いなく後者のタイプである。と、その投稿はそんな書き出しで始まるわけ。なまらかっけーべ?



もちろんだからジョーがダメだなんて結びではなく、そういう人間だからこそ、あのような人に突き刺さる音楽が出来るのあろうと。



一年以上グダグダやったことによって、死ななくてよかった命まで危険にさらされ始めている今の日本に、このたとえを使うとどうであろうか?



多分そのどちらでもない。



オトリを出したものの、それは稚拙な作戦のためだったために敵を充分引きつけることが出来ずに、本隊への攻撃を許してしまう。そのことに気づいていた指揮官は、自分と数名の御曹司上がりの兵士を載せる脱出用のヘリだけは前夜周到に用意していた。



明朝奇襲を受けることになるであろう兵士達の前では最後まで「安心で安全である」という言葉を言いながら。戦場において、そんなものを担保できることはあるはずもなく、みんなとっくに気づいていた。俺たちは明日死ぬんだ。



我が国の国会においても担保できるはずもないことを繰り返して言う。ウィルスは私の責任を持って今月末で収束させます。あんたウィルスと話せるんか?交渉できるんかい?安心で安全と言われるよりも、残念ながら我が国はそういう状態ではありません。と言われた方が、どれほどこちらの胸に言葉が届くであろうか?安心するであろうか?ああ、少なくとも自分の感じていることとは大きなズレはないのだなと。



これは有能であるか無能であるか、いやいや、これは全くそれ以前の問題であり。明らかに戦場に来てはいけない人が来てしまっている。有能、無能以前に兵士ではなかった。有能、無能以前にもはや公僕ですらありませんでした。という長期政権の悲劇。



「他の政党よりなんとなくマシに思えるから」「今別に不自由してない」「選挙なんて行ったって何も意味ねぇスよ」政治が代謝していくことを求めてこなかった国民の責任。



今年選挙があります。行きましょう。ぼくたち殺されます。








このグループやっぱり俺は何故かソウルセット的なものを感じてしまう。もちろん音とかじゃなくて音楽への向き合い方が。あとこれプロデュースはツボイくんだってよ!このブートビデオもシュールでいい(笑)





posted by Admin at 10:37 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it