完全にあえて抵抗しない

February 23, 2020

1A1907CD-4F03-45B3-B4ED-7CA67A0107A8.jpeg






第三次ゆらゆら帝国ブーム再燃。



この前の投稿を見直したんだけどなんか重いね。いつもはもっと俺オモレーじゃん的な物の言い方ですが。



(あっ)たりめーよ!



前回をずっと書いてる最中頭がうすーく痛くてそれの影響かな。そしてこの一週間でなんだか世の中ますますわや。あんまり底抜けに明るいことは書けないかもしれないけどがんばる。とは言っても今回の話題は前回の続きで俺の不眠についてのことなんだけど。重い(笑)



いつもはね、心意気としては通勤途中の電車では絶対に見られないぐらいのものを書いてやろうと思ってるの。(実際にこれスマホで見れんのかな?)どういうことかというと、たとえばあなた今満員電車の中ね。ヤベッ、この乞食親父更新してる!今見ちゃダメ!チラ見したが最後、乞食ギャグでちょっと吹き出しそうになった。誰もがしかめっ面の真ん中で、いきなり吹き出したらそれはもうキチガイの領域。あなたは我慢する。その行き場を失ったガスのようなものは逆流し、いつも締まりのないアナタのケツの穴からかわいいオナラとなってプッと出た。



そう、このブログの目的はあなたにかわいいオナラをしてもらうこと。おるうぇい。



おっと明大前だ。君、乗り換えだぜ。



で、そうそう俺が眠れなくなったおはなしだ。眠れないというか、眠りを妙に意識し始めるとそれは地獄の始まり。意識しては水にふわりとは浮かべない。不眠とはそういうことだよね?



自分が眠れなくなってわかるのは世の中まー不眠で悩んでる人が多いんだねってこと。ドラッグストアに鎮座する不眠対策コーナーのデカさ。だけどなんかね、それはちょっと安心した。そうだ!眠れないのは俺だけじゃないんだ。がんばれ同士!俺はだからこのことを書こうとおもった。



眠れなくなると暮らしの全てが違うフェーズに。もう二階に上がってベッド入る時に既に緊張してるの。もうそんなの絶対に眠れるわけないじゃん。けたけた。でもそれぐらい辛いんだマジで。特に自分の場合全然心当たりになるような要因が思い当たらない。生活はクソ規則正しいし。なんだこりゃ?みたいな。運動不足?いやいや、どころかめちゃくちゃ身体は疲れてて、もう夕方なるとまぶたが重くて重くて。



でも眠れないんだ。。。。そしてさらに怖かったのは、その分昼に眠くなるかといえばそれほどでもなく。このままだと壊れる。。。。



夕方からソワソワ。



なんてったってこちとら切羽詰まってるからやれるものは全部やっちゃう。酒だの安定剤だの例のドラックストアで買ったもの。睡眠の質は絶対に確保できないから量で勝負つて、8時頃から部屋を真っ暗にしてタイラザワムネガザワザワシナイミックスをうすーくかけながら横になる。これって多くの不眠で悩む人がおかす誤ちなんだとさ。知るかよ、こちとら背水の陣よ。そのときにはもう。。。



いろんなもの効いてきてぐわんぐわん(笑)



だけど肩が痛いのに肘に湿布を貼っているがごとく、なんか違うんだよね、ぐわんぐわんしているところとチリチリしているところの場所が(泣)



よって案の定眠れません(笑)完全に眠り方を忘れてしまった。俺、大体寝入り端は変なイメージがランダムに浮かんで、例えば江戸時代の賭博場でピエロがどん平を食べているとか、そういうのが浮かんでくると、ああもう眠れるなって思うの。そういうのが全く現れなくなった。ピエロは何処に消えた?



そうそう前回、俺、こめかみがチリチリするって書いたけど、眉間の誤りです(笑)なんでこめかみなんて書いたのかは詳しい情報が入り次第精査したいと思います。



だからもう昼からわかるようになるんだ。あーまたチリチリしてるわ。今晩もこれは眠れんなと。もうあきらめた。これはもうアレだな。流れだな。大宇宙的な。ここは笑うところですよーだ、コマネチ!



でも冗談抜きで毎日大体決まった時間に瞑想してると、実感するものがある。上がり下がりの波が必ず絶えずある。調子いいなってときと、段々と曇ってきたなって時が。それって自分ではどうにならないことだってことも。瞑想をすればするほどととのうわけでもないし、調子がいいときは逆に瞑想はあまり必要じゃなくなる。あくまで俺の場合な。



調子の良いときって自分の中心が胸にある時。



長い間探し続けていたものが突如見つかって、ホッと心から落ち着く。胸に誕生した暖かいもの。あんな感じにずっ包まれているとき、それが俺の調子のいいとき。



目に前の薪ストーブ、中で燃えている薪、煙突、その横で寝ている黒い四つ足のケモノ。それらと胸で繋がっているような感覚になれるとき。宇宙は彼方にあるものではなく、目の前に横たわるこれらです。これが宇宙の現れdです。これだけです。宇宙に行くのにロケット必要ありません。オザケンの唄うとおりです。そのことを胸で実感できている。それが俺の調子いいとき。



では調子の悪いときは? 養老孟司が唄うところの(唄ってない)バカの壁に360度ぐるりと囲われた状態。囲われたどころかそれにせっせと加筆している。すごい勢いで書き殴る。自分の中心があたま。眉間から煙が出てくる。



それが調子の悪いとき。今の状態。今までにないくらい深い谷ですね。とすれば、いずれは上がってくるでしょう。それは返す返すも自分ではどうにもならないことなのだから。大宇宙先輩のやることなんすから(笑)



なんとなくそういうことで納得しはじてからポツリポツリと眠れる夜が増えてきた気がする。だんだんと中心が下がってきたかな。あとホメオパシーが結構効いたみたい。これステマな。



谷が深かったっことはこれから登る山が高いってことよね。みんなついてこいよ〜!ソレソレソレソレ!



あなたも眠れるようになりますように。ピエロにお願い。



だけど実は起きている時が実は眠っている時だったりして。だから本当はあなた眠れています。と考えるのはいかがですか?



なんだそれ。

















posted by Admin at 13:06 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it