完全にお別れというわけではないけれど

September 07, 2019

44A049F4-A10F-497D-8643-02CB0522D99C.jpeg



ここらでも木々の葉はまだ圧倒的に緑が多いものの、ずばりいまはもう秋。誰も居ない平沢と来たもんだ。
ま、どうして秋つーのは、こうもこうなすかね?嫌いじゃないけどね。むしろ好き。


そんな時に考えちまうのは、俺ってどうしてこうもめんどくさいんだ?ってこと(笑)前世の絡なのであろうか?まず集団の中に居ると何故か居心地が悪い。かといって独りで飛び出す程のバイタリティもなく。社長にもなれず平社員にもなれず。どっちつかずという言葉は俺のための言葉だよなぁ。。。ドライバーを持つ手が止まりそんなことを考えてみる。しばしの間。蝉が鳴いた。ウソ。鳴いてない。鳴いてた方がいいかなと思って。


今ね、長年連れ添ったプレミアムクラシックカーサンバー君を整備してます。俺だけじゃないと思うんだけど、車ってタイヤを外して、こうやって上がった状態がすごくそそる。かっこいいな〜。


というのも、実はこのサンバー君、既に現役を引退されてまして、オラ今の車は後ろの白いやつになっとるわけです。サンバー君、当然売れるわけないし、廃車かな?なんかそれもすげー悲しい。と思ってたところ、もらってくれる人が見つかったというわけ。だから今手塩にかけて整備してます。


もらってくれる人は大学生。それも某名門大学。そしてなおかつその人はモトクロスをやっていて。ちなみに昔からモトクロスをやっている学生を何人か知ってるけど、何故かみんな頭が良かった。東大とか早稲田とか。これ不思議。に加えてそも男子は、自分でエンジンバラすぐらいの腕前があるそうで、俺より全然すごい。つまりサンバー君にとっても俺にとっても願ったり叶ったりのお相手のところへというわけ。


ま、こんな車だからさ、いい歳こいたおっさんが乗ってても痛々しいじゃん?(それぐらい自覚してますよ〜だ)若い子が乗ってる方が絶対にハマりはいい。


へー、ドア開かないんだ!若いね、勢いあるね!


へー、これ自分で手で塗ったの? 若いね、勢いあるね!


若いと全てをいい方向にとってもらえるから。グッスン。


にしても、この車、本当に色々な思い出があるからさ。。。


ヤフオクで五万で買って、新潟から小樽に着いて、小樽から富良野に来るまでに早速エンジンオシャカになって。からもう10年以上かなぁ?まさかここまで活躍してくれるとは思ってなかったけどね。


色んなもの、人も運んだよ。バイク、薪、野菜、堆肥、ロボ宙、女優。


下を覗き込んで、これだったら自分で出来るんじゃないかなぁ?その衝動が抑えきれずに、エンジン交換を決行。一応終了してキーを回す時の緊張感。


そしてかからなかった。


やっぱり素人はダメかよ。だけどプラグコードの順番を間違えていただけだった。静かに回り出したとき。エベレスト登頂した時よりうれしかったな〜。ウソ。登ったことないけど、たぶんそれくらい。


色も三回塗り替えたしね。完全に大人のするくとではなく。馬鹿です。


路上で止まった回数も片手じゃきかないはず。


真冬の配達途中、ドアが漫画のように取れかかって、窓開けて外から抑えながら運転したこともあった。もうちょっとで凍傷からの腕切断だったべや。なまらほっつい!


ハネモノ野菜を積んで路上に繰り出したのは俺にとってもすごくいい経験になった。


カトキチが東京の時にプリンを車で売っていた時のカセットデッキとカトキチ作のBGMテープそのまま貸してもらって。そうそうデッキも外して返却だな。その曲さ、すごく彼らしいポコポコしたいい曲なんだけど、途中でキーが高く転調するのね。野菜を広げた薄暗くなった誰も居ない公園で、その転調部分が来るたびに、なんだか死にたくなるんだよな(笑)


いい想い出ですよ。


あと外せないのはこれだね。間違いなく。




7DE72971-976F-4511-972B-025D6905AEB5.jpeg




死ぬとは思わんかったけど、何が起きたのかわからんかった。ほへ〜。何がどうなったの?


引き揚げるのも道路封鎖、警察も出てきて大変だったんだよ。吹雪の中。


あと、こういう時ってエンジンすぐかけちゃダメなんだって。燃焼室にオイル入った場合、そのままセル回すと、エンジン壊すって。これハネモノマメ知識な。でもそんなこと俺知らないし、やべー配達できね〜つて速攻かけたら一発でかかっちったんだよ。よっぽど動転してたんだろうね。警察官に「あの、このまま配達を続けさせてもらってよろしいでしょうか?」って。


別に警察官に許しを得ることじゃないんだよね(笑)勝手にやれって話でさ。


職場に戻るとさっそく俺は死んだことになってた(笑)


まだまだ色々あるけど、きりないからいいや。ここに来て長年連れ添った仲間、まずクロちゃんが死んじゃって、あとこのサンバー君も居なくなると、僕たちも「次のステージへ」感が極まりない。


最後、俺とサンバー君のラストショット。ほんとにありがとう!


敬礼!(してない)







0C99B96B-D3F2-4EDE-8B79-0F2927B97EAF.jpeg







【自家製有機栽培のニンニクとニンジンについてのお知らせ】


価格はニンニク一個200円、ニンジン(かなり青い味の種)一キロ350円、前回と違うのは一人あたりの数の制限を設けません。200個と書いて頂いても結構です。当然、200個送られることはないでしょう。が、数が足りなくなった場合、その鼻息に合わせて、こちらで臨機応変に割り振りさせていただきます。

ニンニクみそについては、一応希望はとりますが、味噌の味が今年の分が調子悪いらしく、もしかしたら出せないかも。一個1000円。

料金は全て今までと同じ後払い。

発送はゆうパック。60サイズ 北海道600円 北海道以外一律700円 、80サイズ 北海道700円 北海道以外一律850円、100サイズ 北海道800円 北海道以外一律1100円


全ての箱の中にはタケイグッドマン制作「タイラザワムネガザワザワシナイミックス」CDが同封。


乾燥ニンニクとニンジン、ニンニクみそについては10月初旬〜中旬の発送予定です。新ニンニクはそれのみの発送となります。


希望のもの、数量、住所、指名、電話番号、メアドの明記の上こちらのメアドまで。


hanemonomo_order@yahoo.co.jp


タイトルは「2019年の予約だっちゅ〜の!」でお願いします(必須)


予約締め切りについてはありません。無くなったらおわりです。
posted by Admin at 10:01 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it