完全に心構えとしての冬

June 11, 2019

11EF4716-D315-46F3-A4AD-EB7ACA68E2D3.jpeg


8782E9E7-3FE5-4386-9A6A-0E723C73DAA7.jpeg


51FA9AF1-C89E-4212-94BB-1FCC2E31F3DB.jpeg




ギンちゃんが丸くなって寝ていると、そのお腹に顔を突っ込んで、存分にハムハムする。さすれば、ギンちゃん、俺が去ったあとに俺のオヤジ臭を消そうと必死にお腹を舐めますな。

こないだ、試しにそのハムハムバイブスを出しながら近づいて、頭だけを撫で、フェイントで腹には顔を近づける程度で突っ込まなかったの。

したらさ、あいつ、俺が去ったあといつものように腹舐めてんの!

触ってねーし!(お母さんがどれほど毎日大変かを全く分かっていない食べ盛りの高校生が昼に弁当を開けたときに箸がないことに気づいたときの「入ってねーし!」の口調で)

俺が来たら腹を舐める。そこまでがもうルーティンなんですな。

今回は猫にも思い込みってあるんだね!という心温まる話題でした(笑)



ま、あとアレだよ、一杯植えた。




本州の人は驚くだろうけど、路地物の野菜をここらじゃやっと植えられる季節になりました。

昨年も一昨年もこの植えた直後、風に叩かれて(←これ通の言い方な)ほとんど全滅だったんだよね。今年は今のところ北海道は非常に天気は安定してますな。

ざっくり耕したり、元肥撒いたりするのはオラの仕事で、マルチ轢いたり、ネットかけたりする細かいことはムラの作業ってことにいつのまにかなっていて。

今年は東京から友達の子供が来るから、見せてあげようと思って、割にやたらめったら色々な野菜に手を出したてます。

その植えるときにいっつも冗談で言うのはさ。




「もう冬だね。冬が来るんだね」つて。




植えたと思ったら、あっちゅーまに冬になるのはこれ確実なのでありまして、嗚呼もう冬が来るんだなつて植えるのがここらじゃ正しい。

だけど思うのは、逆に例えばスタッドレスタイヤに履き替える時に「もう春だね。春が来るんだね」つて、思えないわけでさ。そこから判明することは。




やっぱり、なんだかんだ言っても冬がイヤなんだね(笑)




別にイヤじゃないんだけどな、だけどその事実が証明しています。

一番下の丸い花、なんだかわかる?ま、絶対にわからないだろうから書くけど、これ行者ニンニクの花だよ。俺も始めて見た。庭の行者ニンニクがこんなの伸ばしてたってよ。




posted by Admin at 11:44 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it