完全に残りの方が短い

January 06, 2019

EA086A18-5805-4FAF-9473-8C59559BF1FA.jpeg





テレビ撤収。あ〜、静かでいいわ。

それと入れ替わりに、約二年ぶりに薪ストーブに火を入れる。

微音量のテクノと日本酒。

やっぱさ、冬はこうでなくちゃな。

今年は遊んでばかりいないで薪割りを真面目にしよっと。

で、関係ないけど、最近コレクターズのインタビューを読んだのね。

モチ立ち読みで。

コレクターズって聴いたことなくて、たぶんこれからも聴かないと思うんだけど、歳がほぼ同じからなのか、それがやたらと滲みる内容でさ。かっこいいよな。聴いてないけど(笑)

今度彼らが若い頃に拠点としてたライブハウスの新宿JAMをモチーフにした映画ができるんだと。

新宿JAMといえば…。

当時そこの店長さんだったTさんの趣味がモトクロスでさ、俺と同じチームに居たんだよね。だからある時期は毎週末のようにあってたな。レースで惨敗した帰りにうなだれながらみんなで食べる道志峠のラーメン。ただ辛いだけのやつ(笑)ああいうのが良かったな、今から思えば。

もう四十も過ぎちゃうといくらお金使っても全然女の子にモテないよ。俺にはもうこれしかない!わははは!

なんつて、バイクを降りた後、汗ダラダラ、ぜーぜーいいながらタバコを吸う。そんな景色はよく覚えています。当時の俺からみたら完全に大人の余裕のある人でした。

Tさん、今も元気かな〜。

コアな友達って今は大体何してるってぐらいのことは知ってるじゃん?だけど、その辺の距離の人だと、まーわからんわな。そして、たぶん一生会うこともないのでしょう。

俺さ、明け方なんかにうつらうつらしながら、きまってそれぐらいの距離の人を思い出して、たまらなく寂しくなるときがあんの(笑)あ〜Tさんとももう会えないのか〜つて。胸の真ん中がツーンとしてさ。

ところが、起きて2時間もすると、Tさんの顔をいくら思い出しても寂しくもな〜んともっない。

会えないのなんて当たり前じゃん? ちんこポリポリ。

あれ不思議。涙こぼすぐらいの勢いだったのにね。

ま、今はFACEBOOKあたりでいくらでも探し出せたりして。で、いざ会ったら会ったで、割にふつーなんじゃないの? オラそれに対して難癖つけるつもりは毛頭ないんですが、究極的には、分からなくなってしまった人がいなくなるとして、それって同時に、この世から「明け方の胸のツーン」がなくなってしまうってことなんだよね。

それはいかがなももでしょう。というのが、とっつあんのスタンス。

というのもさ、人が人として生きる意味って実はそこしかない気がするんですよ。みんな潜在的には「胸のツーン」を感じたいわけ。だって動物は無理なんですよ。ギンちゃんが切ない顔してるのはそれが真顔なだけだから(笑)

会えない人が居なくなって、できないことが何もなくなったら。どうにもならないことや、寂しい明け方がなくなったら。

それってただの神じゃん︎︎︎︎(キマッタ〜︎︎ ︎ ︎ つもりがチャック全開)

ま、寂しいことはこれからどんどん増えていくだろうな。コレクターズも人もこうおっしゃってました。



寂しいのもそんなに嫌いじゃない。



コータローさん、カッケーっす︎ ︎ これからもついていきます。

ついていったことないけど。













posted by Admin at 18:14 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it