訂正とお詫びと道民と焼き肉

August 16, 2018

0021551.jpg



貧乏人はどこまでいっても貧乏人なわけで。

このご自慢のテラス。の、ご自慢のこのヒノキ。実はこれはヒノキではなく北米産の「なんちゃってヒノキ」であることが先日発覚し、この場にて無責任に自慢したことを訂正し、みなさまに「あら?Kちゃんって意外に金持ってるのね」と謝った認識を与えてしまったことを心から反省するものであります。なお今後は総力をあげて再発防止に努め、コンプライアンス厳守し、みなさまに愛されるよう努力していきますので、よろしこお願い致します。
どうりで安いと思った(笑)ま、いいわ、そんな貧乏臭い話は。

今頃は配達してても、帰省している家族をもてなす焼き肉があちこちで。こんなに焼き肉をやる地域ってあるのかな?道民はこの時期、暇あれば外で肉焼いてます。嘘じゃないよ。来て確かめてみたらいいべさ?焼くことで何か忘れたいものがあるかのように。やっぱり相当に冬がキツいのかしらねぇ?(笑)

今でも思い出すのはさ、駒大苫小牧が初優勝した夏だな。何回も書いてるけど。

あれは俺の人生の中でもかなりデカい出来事だった。ありえないことが本当に起こった!っていうね。あの出来事にピンとこない道産子とは友達にはなれない。んだけど、実際、俺の友達がいまいちピンときてなくてさ。その様子を見ていた実の母親に、涙で目を真っ赤にした鬼のような形相でこう言われた。

そんなしらけた奴は今すぐこの北海道から出てけ!!

親子関係も狂わす、それぐらいの出来事だったんだよ(笑)

で、何が書きたいのかと言うと、その日の試合が終わったあとの外で焼き肉をやっている人の数がハンパなかった。石狩街道がバーニングしてました。それは優勝を祝う狼煙。その煙の元では「信じられねぇよ」とか「ちびった」「ぬれた」そんな言葉が聞こえてきそうで、とにかくあの日の午後は凄まじかった。なんでも羊を食い尽くして、緊急にニュージーランドから持ってきたらしいから。船便で着いたのは2ヶ月半後だったとか。

そんな道民と焼き肉の関係。


そしてこの僕も、このテラスだかバルコニーだかが出来てから、焼き肉をやりまくっておりまして。あとね、今年はレースに出ているじゃないですか?大体遠征になるから、前の晩に会場に着いて、そのまま焼き肉ってパターンなんだよね。つうか、半分それが楽しみでレースに出ているライダーが大半なんじゃないかな?北海道は。

ということで、今年の俺の焼き肉満足度はほぼ満たされてるのです。でもちょっとの晴れ間とちょっとの時間さえあれば肉を焼きたい。でもジンギスカンとホルモンはちょっと飽きてきた。そこで最近食べているのが豚サガリというもの。

富良野は肉と言えば基本は豚。よう豚食います。ここらの人は「牛は臭い」言いますねん。普通逆ですやん?(笑)

で、豚肉の中でも豚サガリと呼ばれる部位がありまして、最近はこの肉を自家製のタレにつけ込んだものに凝ってて。赤ワインベースのね。これが中々あっさりしてて美味いんですよ〜だ。

そして、焼酎にも飽きてきてたんだけど、あるとき閃いた!これ泡盛があうんでないべか?沖縄も豚肉をよく食べるじゃん?合わない理由がない!結論から言うとこれが大正解で、やっぱ俺ってセンスいいよなぁ・・・と偽物ヒノキの上で感心しきりの午後。

日差しと照り返しが強過ぎるがそれもいい。目が開けられないくらいだが構わない。

やせ我慢でもいいんですよ〜だ。

やっぱり偽物でもヒノキの香りがちゃんとする。

それが肉の匂いと合わさってなんだかなと言っている間に最終的には泡盛にヤラレた。

なつ。なう。






posted by Admin at 21:59 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it