まふゆのぽえむ10

February 15, 2014

20140215-R0016567.JPG

教室の片隅に石膏像。
その周りにはぱらぱらとイーゼルと真っ白なキャンパス。
最初に入った者が、これはデッサンの授業なんだと<思い込んだ>
後から入ったものはなおさらのこと。
隣の奴が書いているから、これはデッサンの授業なんだと。
みんなが書いているからこれはデッサンの授業なんだと。
みんなまじめにデッサンを書き出した。がんがんと書き出した。
当然、上手く書こうとしても出てくる出来の優劣。

○○くんの書くマチスは何か品があるよね。とか。
○○○の2Hの使い方、石膏のマテリアル感、ヤベー!
○○○、おまえ炭で出来てるマチス書いてるのかよw

とか、やっちゃってるわけ。

そこに教師風の男が登場。

えっ?(驚いた様子で)

石膏像はたまたま置いてあっただけで、
別にデッサン書いて欲しいなんて一言も言ってないんですけど〜。(語尾上げ↑)

そんな口調の教師も今は本当に存在するとか。否かが別として。

デッサンじゃなくて、油絵でもよかったんですけど〜。(↑)

油絵じゃなくて抽象画でもよかったんですけど〜。(↑)

つうか、ね? 写真のコラージュでもよかったんですけど〜。(↑)

というより、ハナクソで点描でもよかったんですけど〜。(↑)

というより、もはや絵じゃなくてもよかったんですけど〜。(↑)

習字、いやいや作文書いちゃってもよかったんですけど〜。(↑)

というより、これ言っちゃおしまいなんだけど、
別に何も書いてくれなくてもよかったんですけど〜。俺、体育の教師なんで。

ズコ。

真っ白なキャンパスに何を描こうが、いや描くか否かから含めて全くの自由だった。
別に燃やして、暖をとってもよかったんだ。

じゃ、あのデッサンの時間はなんだったんだ?
誇らしい気持ちや、もやもやした劣等感、小さな差はなんだったんだ?
最初からくそどうでもよかったんだ。

っーはなし。

だけど、やっぱり後から入って来たものはデッサンを書き出す。





もう長きに渡って、人々はその<思い込み>をずっと繰り返している。
それが僕たちの今の現状なんだと思う。





++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++
posted by Admin at 03:55 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it