この道はいつか来た道2

January 28, 2013

20130128-IMGP7467.jpg

20130128-IMGP7471.jpg

う〜ん、この二つの写真とも、
他人が見たらたぶん何の変哲もない写真なのだろうけど、
こいつらと長い間一緒に暮らして、眺めてる、
そんな飼い主しかわからない両者の一番の魅力的な瞬間を見事にとらえてる。
ムラが撮ったのだけれど、これを見せながら、
「あっ、これパクるつもりだな」とか、にくたらしいこと言いやがり。

「パクルって何だよ、パクルも何も俺のカメラだ、ばーろ」

「俺が撮ったことにして、勝手に使わせてもらうぜ、ばーろ」

それにしても、上の写真のニャンコには、
先日寝ている時に、俺、顔面にしょうべんをかけられたからね。
それも目の中にオモックソ入りやして、
まー、まー、滲みる、滲みる、蛙飛び込み水の音、ごっくん。
都会では性のカテコライズ及び先鋭化が極端に進み、
既にアニマルSMというのもがあるとのこと(ねぇよ)
ギン嬢の黄金水は何とも言えないイヤな臭いでございやした。

で、ラジオから所信表明演説。

二日酔いで超気持ち悪い時に、
迎え酒をした時のすっきり様!のごとく話が変わって道路特定財源の話。

ちょっと前に出ましたね、道路特定財源復活とな!
というか、よくそんなすっぱい言葉をしれっと出せるなと。

感じますね。感じますともね。感じてしまいますともね。
つくづく政治家というのは鈍感なんですね。
逆にセンシティブじゃ務まらないとも言えるんだけど、
五寸釘が突き出ている椅子に座っても、
いびきをかいて寝ていられる鈍感な連中であるからして、
僕たちティーンの気持ちなんてわかるわけないもの。
期待するだけ無駄なんだすが。

だども。

ここらにも一杯あるんですね。何が?って、あーた。
たとえば麓郷街道、
歩いている人なんてみたことない街道沿いに、まー、あるわ、あるわ、
それこそ、10m間隔でみっちりと歩行者と自転車の青い標識が。
実際見たら笑うよ〜。何の為に立てられているのか一目瞭然だから。
もうトゥーマッチ飛び越えて、ファラウェイ〜、今、僕たちは今旅立つのさ〜、
真っ暗闇の中でも標識をたどっていけばいつか海に出るよ、
明るい未来へ、さぁ、標識から目を話さないで、この手を離さないで?。
あれはつまりひとつの田園ギャクだね。


よりによってそれをアベノミクスはもう一度やろうってんだべ?
もう標識たてるところないから、今度は一カ所ずつがダブルになるんだろうね(笑)
それが3本になって、その次が金色の太いやつになる。だけど。。。

俺、やっぱり悲しいんだ(朴訥と)

そういう類いのことは既に今までいいだけやってなかったっけ?
麻生のときなんて、公共事業さえ、まどろっこしいから、
国からおこずかい1万だか2万だか配ってなかった?
あれも、全然わけわかんなかったけど、
結局、あれも借金だか国債じゃなかった?
だけど景気なんてこれっぽっちも良くならなかったじゃん。
あんなの例えるなら未来をドブに捨てたのと一緒だよな(笑)

しかも、今回、地方の土建屋と株屋、その他もろもろに金を撒いたところで、
とても、俺に2万円も回ってくるなんて思えないもん。
大多数の人にとってもそうだと思うよ。
景気もちっとも変わらないし、じゃ、あれだけ擦りまくって市場にだしたお金は、
一体どこに消えたのでしょう?ってどうせなるんだ。

その消えた先は?

「それこそがJ党政治の昔から変わらぬ本質なのである」

と、ある方がおっしゃってました。俺が言ってるわけじゃないよ(笑)


++++北海道PLAINJAPふるさと通信員++++
posted by Admin at 03:42 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it