NEVER AGAIN

May 01, 2011

20110501-IMG_2079.jpg

大多数の日本人が幻滅している。
大多数の日本人が原発政策について現状維持が好ましいと考えていることに。
新聞の調査なんてあてにならないけれど、
自分の周りをぐるり見渡しても、
確かにそういう結果が出てもおかしくない感じがする。

「少しづつ少なく」と答えるどころか、今のままがいいなんて。
そう思わせるほど、手放したくないものって一体何?
それがどれほど素晴らしいものなのか、一度見せてもらいたいもんだ〜ね。

たかだか何十年しか生きられない生き物が、
何万年というスパンのものをポンポンと創りだしていることの恐ろしさ。
この先ずっとその子たちの面倒を誰がみるの?
東電?たかがひとつの会社が、人間にとって永遠とも思えるくらいの時間を
責任もってやってくれると考えられるほうがどうかしてる。
大体、電気自体、百年後には古いエネルギーになっているかも。
当然、そうなったら電力会社なんてないもんな。
国? 国でさえ、
同じように何百年もしたらその概念すらなくなっているかもよ。
そこで不変なのは、あの子たちの半減期だけ。
だから人間の寿命が3万年だったら、俺、正直、原発は作ってもいいと思うよ。
だけど、それだったら絶対あの人たち作ってないって。
どこか自分の責任を超えたところがあるから、
みんな頼んでもいない原発を、無責任にこんなにポンポン作れるんだ。
それが、たとえば本当に地球を救うことになるのならまだしも、
あの人たちの個人的なきたねぇカネモウケの為だからね。
やってらんね!今夜も踊り明かソカ?ってなもんで。

つまりこれは、観光地で車からゴミをポンポン放りなげてる車と全く同じだもん。
車の中はチリひとつないピカピカでさ、テレビなんかついちゃってさ、
いい香りなんかしちゃってるくせに、喰いかけの弁当まで捨てる奴いるじゃん。
あれと一緒だよ。自分の居ないところだから関係ないやっていう。
だから原発の問題は、技術や必要性の問題じゃなくて、
生き物としてのエチケットの問題だと思うよ。
できるできないじゃなくて、
地上に暮らす生き物としてやっちゃいけないことなの。
俺ら、ものすっごい下品なことしながら、
快適で上品な暮らし(自称)をしているわけさ。いい香りさせちゃってさ。
日本人たるもの、これからは真に品よくいきたいもんですな。

もし原発を止めたら、
相当に生活レベルを下げる事ことを覚悟しなきゃいけないと主張する人。
はたしてそうだろうか?
普段から節電を徹底している家庭は別として、
普通の家庭だったら使用量を半分くらいにするのはわけないんじゃないの?
ドイツなんて電気が高いから、夜はロウソクが割に普通だっていうしな。
大体さ、たかが電気を消したぐらいでレベルが下がる暮らしって元々一体何よ?
つうかレベルって何よ?
こんなことしてまで維持している暮らしの方がよっぽどレベル低いと思うけど。

お宅様のそんな電気だったら要りません!

黒板五郎はやっぱすごかったってことで。完璧だよ
posted by Admin at 01:26 | General

Comments

No comments yet

Add Comments

This item is closed, it's not possible to add new comments to it or to vote on it